Fandom

Harry Potter Wiki

魔法族

361このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

魔法族魔法を操る能力を持って生まれたヒトの男女を含めた総称。男性を魔法使い、女性を魔女と呼ぶ。ただし、「魔法使い」という言葉はしばしば「魔法族」と同義で使われることもある。

魔法の使用

魔法使いと魔女は幼児期に偶発的に魔法を使用することがある。彼らの魔法は成長するにつれて磨かれていき、自分の意志で制御できるようになる。

ほとんどの魔法使いと魔女は魔法を自在に扱うためを使用したが、経験を積むことで杖を使わない魔法をマスターすることも可能である。ごく一部の非常に優れた魔法使いのみが、杖を振るうことなく魔法を使うことができた。ハリー・ポッターホグワーツ魔法魔術学校の1年生の時、アルバス・ダンブルドア校長がこの技術を実際に使用した。また、ヴォルデモート卿1997年7人のポッターの戦いで杖を使わない魔法を使用した。

遺伝

Trio pic.PNG

左からロン・ウィーズリー(純血)、ハリー・ポッター(半純血)、ハーマイオニー・グレンジャー(マグル生まれ)

通常、魔法能力は親からその子へと引き継がれる。両親が魔法使いの場合「純血」、片方の親だけが魔法使いの場合「半純血」と呼び、非魔法族の出身者を「マグル生まれ」と呼ぶ。魔法使いの家庭に生まれながら魔法能力を持たない者は「スクイブ」と呼ばれる。マグルから魔法使いが生まれるのは、先祖にマグルと結婚したスクイブがいるからである。魔法家系から分岐した一族はしばしば魔法界との繋がりを失い、後世になって多数のマグル生まれを輩出することになる。

寿命

魔法省によれば、イギリスの魔法使いの寿命は1990年代の半ばに137年と9か月に達していた。また、記録上最高齢の魔法使いは755歳(1991年時点)である。魔法使いはマグルよりも非常に長生きである。

亜種

魔法使いの中には、生まれつき(あるいは後天的に)特殊な能力を持つ者もいる。

1Безымянный.JPG

予言者シビル・トレローニー

予見者

Blue Glass Arrow.svg 詳細は予見者を参照

平均的な魔法使いを越える先天的な能力の持ち主として、「予見者」が挙げられる。予見者は未来のできごとをあらかじめ見通す能力を持つ。彼らは未来のビジョンを見ることもあれば、お茶の葉やタロットカード、水晶玉といった物体を通して未来を占うこともある。著名なカッサンドラ・トレローニーやその曾々孫のシビル・トレローニーが予見者として知られる。ただし、「占い学」の分野は魔法界でも特に難解な学問とされ、真の予見者はほとんど存在しないとされている。ちなみに、魔法使い以外にも未来を予見する技術を持つ生物は存在する(例:ケンタウルス)。

動物もどき

Blue Glass Arrow.svg 詳細は動物もどきを参照
1mcgonagall.gif

ネコから本来の姿に戻るミネルバ・マクゴナガル

魔法使いや魔女の中には動物に姿を変える能力の持ち主がいるが、これは先天的な能力ではなく、訓練によって得られる技術である。この技術を身につけた魔法使いは動物もどき(アニメーガス)と呼ばれている。古い『吟遊詩人ビードルの物語』の登場人物であるバビティ兎ちゃんも動物もどきだとされている。ホグワーツ魔法魔術学校ミネルバ・マクゴナガル教授はネコに変身する動物もどきだった。記録されている最初の動物もどきはタカに変身するファルコ・イーサロンである。

変身能力の悪用を防ぐため、動物もどきは魔法省への登録を義務付けられている。しかし、中には未登録の動物もどきも存在した。例えば、牡鹿に変身したジェームズ・ポッター、巨大な黒い犬に変身したシリウス・ブラック、ネズミに変身したピーター・ペティグリュー、ハエに変身して情報を収集していたリータ・スキーター記者らは未登録のまま活動していた。ジェームズ、シリウス、ピーターは、狼人間の友人リーマス・ルーピンを助けるために動物もどきの能力を身につけた。また、ピーターはこの能力を悪用して自分が死んだように見せかけ、ウィーズリー家のペット「スキャバーズ」になった。

七変化

Tonks morph.gif

自由に外見を変えるニンファドーラ・トンクス

Blue Glass Arrow.svg 詳細は七変化を参照

また、体の基本的な構造ではなく外見上の特徴だけを変える能力の持ち主もいる。この能力の持ち主は「七変化」と呼ばれる。七変化は鼻の形や髪の毛の色、その他の特徴を自由に変えることができる。ニンファドーラ・トンクステディ・ルーピンは七変化である。

動物との意思疎通能力

Blue Glass Arrow.svg 詳細はパーセルタングを参照
Harry-Snake-PSF.png

ヘビと会話するハリー・ポッター

魔法使いや魔女の中には、動物と会話する能力の持ち主がいる。例えば、パーセルマウスと呼ばれる人びとはヘビと会話することができる。パーセルマウスは極めてまれな能力である。サラザール・スリザリンは悪名高いパーセルマウスで、その子孫であるマールヴォロ・ゴーントモーフィン・ゴーントヴォルデモート卿も能力を受け継いでいた。ハリー・ポッターもパーセルマウスだったが、これは彼の中に宿るヴォルデモートの魂が原因で身についたものだった。ヴォルデモートの魂が破壊された際、ハリーはヘビと会話する能力を失った。他にもルビウス・ハグリッドのように、あらゆるタイプの動物とコミュニケーションをとり、親しくなる能力を生まれつき備える者もいる。また、動物もどきは変身中に他の動物とある程度の意思疎通がとれた。

スクイブ

Filch & mrs. norris-1-.jpg

スクイブのアーガス・フィルチ

Blue Glass Arrow.svg 詳細はスクイブを参照

両親または片方の親が魔法使いや魔女であるにもかかわらず、11歳を過ぎても魔法を使うことができない人物はスクイブと呼ばれる。スクイブはいわば「魔法使い生まれのマグル」で、マグル生まれの魔法使いよりも数が少なく、極めて珍しい存在である。魔法使いや魔女(特に純血の人びと)の中にはスクイブを差別する者たちがいる。

遅咲きの魔法使い

魔法使いの家庭に生まれ、11歳を過ぎても魔法を使えない者の中には、絶望的な状況に置かれることで自発的に魔法能力を発揮する者もいる。ただし、こうした人物はおそらくスクイブよりもさらに稀である。

開心術士

Tumblr mv0xoiWzPj1qeijvdo1 250.gif

ハリー・ポッターに開心術を使うヴォルデモート卿

開心術士とは開心術を使うことができる魔法使いや魔女である。開心術士は他者の感情や記憶を引き出すことができるが、閉心術の心得がある者の精神を読むことは困難である。開心術はマグルの世界でいう読心術に相当するが、厳密には異なる技術である。

閉心術士

閉心術士は閉心術を使うことで心の内を守り抜くことができる。ホグワーツ校のセブルス・スネイプ教授は5年生のハリー・ポッターにこの技術を教えた。

社会

Blue Glass Arrow.svg 詳細は魔法界を参照
Wands of Hogwarts' students and staff 04.JPG

杖を掲げる魔法使いと魔女

魔法使いと魔女は独自の文化と伝統を持っているが、国際魔法使い連盟規約に従い、自分たちの社会をマグル社会から隠している。魔法使いは地球上のさまざまな地域に住んでいる。1994年に開催されたクィディッチワールドカップには100,000人を超える魔法使いの観客が集まった。ホグワーツ魔法魔術学校には数百人の生徒が在籍し、学校内ので生活している。

魔法使いと魔女の全人口は明らかではないが、いくつかの手掛かりから大まかな数を出すことができる。たとえば、マグルの全人口は魔法使いの10倍だと言われている。マグルの全人口が50億人(1990年代)だとすれば、魔法使いの全人口は5億人ということになる。しかし、イギリスの魔法使い人口はおよそ3,000人と言われている。以上の事実から、魔法使いの出生率が非常に低いこと(ただし魔法使いの寿命はマグルよりも長い)がわかり、また、イギリス以外の国は魔法使い人口が多い可能性、もしくは世界のどこかに魔法使い人口集中地点が存在する可能性が示唆される。もっとも、マグルの人口が魔法使いの10倍というのが過大評価で、イギリスの魔法人口が3,000人というのが過小評価に過ぎない可能性もある。

Hogsmeade High St.jpg

ホグズミード村

魔法使いはしばしばコミュニティを形成して生活する(例:ゴドリックの谷ホグズミード村)。また、スピナーズ・エンドグリモールド・プレイス12番地のような他から離れた場所に住む魔法使いもいる。魔法使いのほとんどはマグルと接点を持たず、マグルの存在を歓迎しない者が多い。魔法使いはマグル界に関して無知だが、マグルが魔法界について無知であるのとは少し事情が違う。マグルが魔法界の存在を全く知らないのに対し、魔法使いはマグルの存在を知ったうえで、彼らに対して興味を持たなかったり、特定の一面(例えば電気や先進技術)を知らないだけだからである。

魔法使いや魔女の中には、親戚にマグルがいることを口外せず、時にはその存在を否定する者もいる。ヴォルデモート卿はマグルの関係者を殺害した。しかし、アーサー・ウィーズリーのようにマグルに対して強い興味を示す魔法使いもいる。マグル生まれの魔女、ハーマイオニー・グレンジャーは、魔法使いの視点から見たマグル像に興味を持ち、ホグワーツで選択科目のマグル学を受講した。

登場作品

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki