Fandom

Harry Potter Wiki

魔法

357このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
Knitting charm.gif

編み物の呪文をかけられ、ひとりでにスカーフをつくる編み棒

魔法(Magic)は物理的構造を根源的なレベルで組み替えることができる超自然的な力である。魔法力は親から子へと引き継がれる遺伝的な特性で、魔法を使う人びとを魔法使いや魔女と呼ぶ。

魔法の基本的な概念はきわめてシンプルで、2歳の魔法使いですら何かしらの魔法を使うことができるが、その力を誤った形で使ってしまう危険性が付きまとう。そのため、将来有望な若き魔法使いと魔女はホグワーツ魔法魔術学校をはじめとする魔法学校で魔法の訓練を受け、その技術に磨きをかけ、力に伴う責任を学ぶ。ホグワーツでは魔法のさまざまな特性や理論、魔法界の歴史も教えている。

マグルスクイブは魔法を使うことができない。一般のマグルは魔法や魔法使いの存在を知らず、魔法界とは分離された独自の社会で生活している。彼らは魔法の代用としてテクノロジーを利用する。一方で、魔法使いもマグルが使う装置(たとえば電化製品)の働きに関してきわめて無知である。魔法使いとマグルは、それぞれ魔法とテクノロジーをごく当たり前のものとして利用しており、両者は文化的に相いれないところがある。魔法使いと魔女は、国際魔法機密保持法の規約に従い、魔法能力をマグルから隠すことを義務付けられている。

邪悪な魔法は闇の魔術と呼ばれ、その使用者は闇の魔法使いとして知られる。

概要

Wand-lighting charm.gif

ルーモスを使うハリー・ポッター

Lumos solem.gif

ルーマス・ソレムを使うハーマイオニー・グレンジャー

ヒトは生まれつきの特質で魔法力の有無が決定される。魔法使いの子どもには魔法力が備わっていることが多く、マグルの子どもには珍しい特性である。その理由として、魔法使いや魔女が持つ魔法力の遺伝子が優性[1]で、マグルやスクイブにみられる非魔法族の遺伝子が劣性であることが挙げられる。スクイブとは魔法族に生まれながら魔法力を持たない人物のことである。スクイブは劣性遺伝によって非魔法族の遺伝子を受け継いでいる。

マグルの両親の間に生まれた魔法使いや魔女はマグル生まれとして知られる。マグルから魔法使いが生まれるのは、祖先にスクイブがいるからである。スクイブの魔法遺伝子が数世代後の子孫に発現することで、「マグル生まれ」の魔法使いが誕生する。マグル生まれはスクイブよりもはるかに一般的である(マグルの人口が魔法使いの人口よりも大規模であることが原因かもしれない)。魔法界には、ヒト以外にも魔法を使うことができる存在がいる(例:屋敷しもべ妖精小鬼)。妖精も微弱な魔法を使うことができる。しもべ妖精のクリーチャーは魔法で守られたホグワーツの敷地内に姿現しをしたが、これはヒトには不可能な技術である。

登場作品

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki