FANDOM


「魔法界とマグル界の衝突が最悪の事態に至った場合にのみ、誤報室が出動する。魔法界の大惨事や事故があまりにもあからさまで、何らかの外部機関の助けなしにはマグルがマグルを納得させられないことがある。こうした場合、誤報室はマグルの首相と直接連絡をとり、事件について、魔法に無関係でまことしやかな説明を探し求める」
―『幻の動物とその生息地』より、ニュート・スキャマンダー[出典]

誤報室イギリス魔法省魔法生物規制管理部に設置されていた組織。魔法生物が原因で魔法界マグル界の間に最悪の状況が発生した場合、誤報室が出動しマグル向けの情報操作を行って大惨事や大事件の真相を隠した。

活動

魔法生物によって引き起こされた魔法界の大惨事や事故がマグル界にも影響を及ぼし、マグルの社会だけでは解決できなくなった場合、魔法省の誤報室が出動した。誤報室はマグルの首相と直接連絡を取り、魔法とは無関係で信憑性の高い説明を考え出した。

歴史

ネス湖に棲息していたケルピーが“ネッシー”という呼び名でマグルの注意を引いた際、誤報室が出動し、ネッシーの証拠写真はすべてイタズラだとマグルに思い込ませた。ネッシーの事件は一時は危険な状況にまで発展していたが、誤報室の活躍によって最悪の事態は回避された。

登場作品


魔法生物規制管理部
魔法省地下4階
Department for the Regulation and Control of Magical Creatures logo.png

存在課 · 動物課 · 霊魂課 · 狼人間援助室 · 狼人間登録室 · 狼人間捕獲部隊 · 害虫相談室 · 危険生物処理委員会 · グール機動隊 · ケンタウルス担当室 · 小鬼連絡室 · 誤報室 · ドラゴンの研究および制御室 · 屋敷しもべ妖精転勤室 ·

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki