FANDOM


聖マンゴ魔法疾患傷害病院とは、イングランドロンドンに位置する魔法病院である。1600年代に高名なマンゴ・ボナム癒師によって設立された[1]。聖マンゴの紋章は骨と交差したで、大病院でもある。

ホグワーツ魔法魔術学校で怪我をした生徒は医務室で校医のマダム・ポンフリーの治療を受けるが、重症の場合は聖マンゴ魔法疾患傷害病院に運ばれる。

癒者

ハリー:「あの人たちは医者なのかい?」
ロン:「医者?人間を切り刻んじゃう、マグルの変人のこと?違うさ。癒しの『癒者』だよ」
癒者についてハリー・ポッターロン・ウィーズリー[出典]

この病院の医療従事者たちは癒者(いしゃ、ヒーラー)と呼ばれる。彼らはライム・グリーンのローブをまとう。癒者になるにはN.E.W.T.(いもりテスト)変身術魔法薬学呪文学薬草学闇の魔術に対する防衛術で「期待以上」以上の成績が要求される。

ディリス・ダーウェント1722年から1741年までここで癒者を務めた。1741年から1768年まではホグワーツ魔法魔術学校校長を務めた。ランスロットという男もここの癒者をしていた。

ミリアム・ストラウト1995年ごろ癒者をしていた。彼女は母親のような雰囲気で、長期患者ばかりのヤヌス・シッキー病棟を担当していた。しかし、贈答品に関してのガイドラインを重要視しなかったため、死喰い人が送り込んだ悪魔の罠のに気づかず、患者のブロデリック・ボードを死なせてしまう。彼女は減給処分を受けた。

登場作品

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。