FANDOM


ウィンガーディアム・レビオーサ 浮遊せよ

呪文学の授業時でハーマイオニー が使用。

杖の降り方と、発音を注意しなければならない。しなやかな手首の動かし方で、ビューン、ヒョイとする。バルッフィオは、「f」ではなく、「s」の発音をしたため、自分が床に寝転んでバッファローが自分の胸の上に乗っていた、とフリットウィック 先生は説明している。しかし、「Wingerdium Leviosa」の中には「f」がない。もしかしたら、「s」でなく、「f」だと言いたかったのかもしれない。そうすると、「Wingerdium Leviofa」となる。読みはウィンガーディアム・レビオーファ、だろうか。

この呪文は、いろいろな所で使われていたりと優秀でもある。ただし、何かと使うにはしっかりとしなければならず、ウィンガード・ラビオーサとシェーマス が発音したところ、(Wingerd Laviosaだろうか)小さな爆発が起きた。この呪文を使いこなせる自信と確かな技術がなければ使用はできないだろう。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki