Fandom

Harry Potter Wiki

死の秘宝

361このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
「もし三つを集められれば、持ち主は死を制する者となるだろう」
ゼノフィリウス・ラブグッド[出典]

死の秘宝とは、強力な魔法を持った物体で、によって作られペベレル家の3人兄弟に与えられたと言われている。秘宝とは無敵のニワトコの、死者の魂を呼び出す蘇りの石、使用者を見えなくする透明マントの3つである。「三人兄弟の物語」によれば、杖を手に入れたアンチオク・ペベレルと石を手に入れたカドマス・ペベレルは不幸な死を遂げ、マントを手に入れたイグノタス・ペベレルは永く生き続けた。

伝説によれば、3つを所有した者は死を制する者となる。アルバス・ダンブルドアゲラート・グリンデルバルドと共に死を制する者は無敵となるのではないかと解釈したことを、ハリー・ポッターに話した。この話はもともと「吟遊詩人ビードルの物語」から始まっており魔法族にとっては何世代にもわたって慣れ親しんできた有名なおとぎ話でもある。ほとんどの魔法使いたちはこの物語を創作と考え、死の秘宝の存在を信じていなかった。

知られている中ですべての秘宝を同時に所有したのはハリー・ポッターしかいない。しかしすべてが同時に手元にあったわけではない(蘇りの石を禁じられた森に落としている)。アルバス・ダンブルドアも3つをそれぞれ別の時期に所有していたが、透明マントの真の所有者ではなかった。

登場作品

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki