FANDOM


Cedricdead

セドリック・ディゴリーの死体と彼の死を悲しむハリー・ポッター

(Death)とは、生命体の命を終わりである。人間の場合、脳の永久的な活動の停止がこれを指す。

概要

魔法界において死とは病気、怪我等による肉体の終焉であり、が入っていた肉体を離れることである。

魔法界における死には非魔法界におけるそれとは大きな違いがある。魔法生物の中には不死鳥セストラルといった死と変わった関係を持つものもいる。死の力とそれに関連する概念は魔法の基礎的問題であり、闇の魔術においては非常に重要な要素となっている。

死後

「結局、きちんと整理された心を持つ者にとっては、死は次の大いなる冒険に過ぎないのじゃ」
―死後についてアルバス・ダンブルドア[出典]

肉体的な観点での死は明快であるが、死後の世界については魔法使いや魔女マグルにとっても謎が多い。魔女や魔法使いが死ぬと、マグルとは異なりゴーストという形での足跡を現実世界に残すことができる。

リンボは、現実世界と死後の世界の間にある死に関連した状態である。リンボを訪れたハリー・ポッターアルバス・ダンブルドアを呼び出して会話をすることができた。ヴォルデモート卿は生前の分霊箱死の呪いの多用により魂を傷つき引き裂かれており、死んでも死後の世界に進むことができないまま永遠にリンボに釘付けとなった。

関連項目

登場作品

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki