FANDOM


「ムーニー、ワームテール、パッドフット、プロングズ
われら魔法いたずら仕掛人のご用達商人がお届けする自慢の品
忍びの地図」
―忍びの地図[出典]

忍びの地図ホグワーツ魔法魔術学校のすべてをあらわにする魔法の地図。教室、廊下、城内、校庭を隅から隅までカバーし、壁に隠された秘密の通路すら表示することができる。地図上を動く小さな点が誰がどこにいるのかを示しており、たとえ動物もどきの能力やポリジュース薬で変身したり、透明マントで隠れたりしても忍びの地図を出し抜くことはできない。ホグワーツの幽霊でさえその例外ではない。

忍びの地図には同じような名前の人物を区別できないという弱点がある(同姓同名の場合でも名前の最後にシニアやジュニアがつかない)。また場所が定まっていないために地図に記しようがない部屋も苦手のようである。必要の部屋の所在、というより、そもそも部屋が存在することを明らかにしたのは忍びの地図ではなくてドビーだった。秘密の部屋もこの地図に記されたことはない。これは地図の作成者が秘密の部屋の存在を知らなかったからだろう。あるいは必要の部屋と同様、秘密の部屋も地図に記しようがなかったのかも知れない。というのもロンとハーマイオニーがバジリスクの牙を手に入れようとして秘密の部屋にいる間、二人は地図には表示されていなかった。これは必要の部屋にいる人が地図に表示されないのと同じ現象である。

歴史

製作

「この地図の製作には非常に高度で素晴らしい魔法が使われている。そのひとつホムンクルスの術により地図の所有者は城内のすべての人物を追跡することができる。地図にはまた製作者の宿敵セブルス・スネイプの好奇心を(できるだけ侮辱的な方法で)永久に退ける魔法がかけられている」
―地図の製作に使われている魔法の説明[出典]
The Marauders

シリウス、ジェームズ、リーマス、ピーター:地図の製作者

忍びの地図はリーマス・ルーピン(ムーニー)、ピーター・ペティグリュー(ワームテール)、シリウス・ブラック(パッドフット)、ジェームズ・ポッター(プロングズ)がホグワーツ在学中に製作した。地図の製作は1975年から1978年の間だと想定される。というのも、地図には彼らが動物もどきの能力で変身したときのニックネームがサインされているからである。もっともルーピンの場合は狼人間としての変身だが。四人はホムンクルスの術をかけて忍びの地図を作成した。この術は最先端の非常に強力なもので、ホグワーツのすべての人物を追跡することができる。セブルス・スネイプを侮辱するための魔法がかけられていることも忘れてはならない。シリウス、ペティグリュー、ジェームズは動物もどきの力を使って、夜、誰にも見咎められることなく校庭を探索することができた。一方、城内はジェームズの透明マントを使い時間をかけて地図に記載していった[2]

通称忍びの四人組は何年もこの地図の世話になっていたが、最後にアーガス・フィルチに取り上げられてしまった[2]。そうなってしまった詳細な経緯は不明だが、おおかた調子に乗ってやり過ぎたところをフィルチに追い詰められてしまったのであろう。たぶん、最大のライバルであるジェームズ・ポッターの悪事を暴いてやろうという執念にとりつかれていたスネイプが四人のことをフィルチに密告したのである[2]。この地図の最高傑作がフィルチに没収されたのは四人が最終学年のときだった。万事ぬかりなく疑い深いフィルチから地図を取り返すことはできなかった[2]

フレッドとジョージ・ウィーズリー

「このかわい子ちゃんが、学校中の先生を束にしたより多くのことを僕たちに教えてくれたね」
―忍びの地図についてフレッド・ウィーズリー[出典]
Harry Potter and the Prisoner of Azkaban 0757

ハリーに忍びの地図を贈るフレッドとジョージ

フレッドとジョージ・ウィーズリーはこの地図を1年生のときにフィルチの事務所から盗んだ。クソ爆弾を爆発させた件で事務所に連行されていた二人は『没収品・特に危険』と書かれた引き出しに気づく。ジョージが再びクソ爆弾を爆発させて気をそらせている間に、フレッドが引き出しから地図を盗み出した。この空白の羊皮紙が何の役に立つのかを知るには試してみるほかなかった。二人が地図を表示するための決まり文句に近づいてくると地図はあちこち光り始め、それが手がかりとなってついにフレッドとジョージは正しい答えを手に入れた。この地図を使って二人はホグワーツの秘密の通路を暗記し、いろんないたずらに利用した[3]

のちにフレッドとジョージがこの地図を、それと知らずに地図製作者の息子であるハリーに贈ったのはハリーが3年生のときだった。それは二人のハリーに対する大いなる尊敬の証であり、ハリーこそ、その運命に立ち向かうためにこの地図が必要だという思いからだったが、ハリーの運命については二人ともまだ完全に理解しているわけではなかった[2]

登場作品

脚注

Marauders Map

Mary GrandPréにより描かれた地図

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki