Fandom

Harry Potter Wiki

幻の動物とその生息地

361このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
「氏の大作である本書は、出版以来、ホグワーツ魔法魔術学校の指定教科書として使われており、本校の生徒たちが、『魔法生物飼育学』の試験で常によい成績をあげているのも、この本に負うところ大であります。――しかしこの本は教室だけで使われるべきものではありません。そもそも魔法使いたるもの、必ず『幻の動物』を一家に1冊備え、芝生の『ホークランプ』をいかにすればうまく取り除けるかとか、『オーグリー』の陰気な鳴き声の意味するところは何かとか、はたまたペットのパフスケインがトイレの水を飲まないようにするにはどうするか、等の答えを得んがため、何世代にもわたってそのページを繰り、使い込まれた1冊を備えおくべきであります」
アルバス・ダンブルドア[出典]

幻の動物とその生息地』は魔法動物学について記された書籍。ニュート・スキャマンダー著、オブスキュラス出版社刊。1927年に出版され、1990年代後半には第52版を数えた[1]ホグワーツ魔法魔術学校の教科書に指定されている。

フローリッシュ・アンド・ブロッツ書店での値段は2ガリオン

目次

Fantastic-beasts-and-where-to-find-them-pottermore.png
  • 序論
    • この本について
    • 魔法動物とは何か?
    • 幻の動物に関するマグルの認知度小史
    • 隠れた魔法動物
      • 安全な生息地
      • 売買と飼育の規制
      • 忘却術
      • 誤報室
    • 魔法動物学はなぜ重要か
  • 魔法省分類
  • 幻の動物辞典 (アルファベット順)

紹介されている動物


舞台裏

登場作品

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki