FANDOM


魔法社会の法律を理解するに足る知性を持ち、立法に関わる責任の一端を担うことのできる生物 グローガン・スタンプによる存在の定義
存在(Being)はイギリス魔法省による魔法界生物の3分類のうちのひとつ。他に動物霊魂がある。ヒトたる存在とも訳され、魔法省によればその定義は「魔法社会の法律を理解するに足る知性を持ち、立法に関わる責任の一端を担うことのできる生物」。現在魔法界の大多数によって容認されているこの定義は、1811年魔法大臣グローガン・スタンプによって定められた。また、スタンプは魔法生物規制管理部内に動物課霊魂課と共に存在課を設置している。[1]

登場作品

脚注

関連項目

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。