FANDOM


「稲妻に撃たれた塔。災難。大惨事。刻々と近づいてくる・・・・・・」
―戦いが始まえる前、シビル・トレローニー教授[出典]

天文台の塔の戦いとは、稲妻に撃たれた塔の戦いとしても知られる、第二次魔法戦争中の戦いである。1997年6月30日の夜にホグワーツ魔法魔術学校の最も高い塔で行われた。

この戦闘の黒幕はヴォルデモート卿であり、彼は16歳の死喰い人ドラコ・マルフォイに他の死喰い人たちがホグワーツに侵入する方法を見つけなおかつ不死鳥の騎士団指導者アルバス・ダンブルドアを暗殺するように命じていた。マルフォイは無事死喰い人を内に入れることができたがダンブルドアを殺すことはできなかった。騎士団と死喰い人の戦闘が始まるとセブルス・スネイプがダンブルドアを殺害するが、のちにこれはダンブルドアとスネイプの間であらかじめ計画されていた予定通りの死であると判明する。

登場作品

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki