FANDOM


夜の闇横丁なんぞ、どうしてまたウロウロしとったか―ハリーよ、あそこは危ねえとこだ―おまえさんがいるとこを、誰かに見られたくねえもんだ― ハリー・ポッターに対してルビウス・ハグリッド
夜の闇横丁、またはノクターン横丁とは、ロンドンダイアゴン横丁にある買い物地域であり、強力で残忍な魔法物品を専門に取り扱うボージン・アンド・バークスのように、闇の魔術に関する品物を売る店であふれている。通りは不気味で怪しげな人々が占めている。トム・リドルホグワーツ魔法魔術学校を卒業してから数年、ボージン・アンド・バークスで働いた。

歴史

ロン:「僕たち、そこに行くのを許してもらったことないよ」
ハグリッド:「そりゃあ、その方がずーっとええ」
— 夜の闇横丁についてロン・ウィーズリールビウス・ハグリッド[出典]
Harry-potter2-movie-screencaps.com-2273

夜の闇横丁に来たハリー・ポッター

1992年ハリー・ポッターウィーズリー家隠れ穴煙突飛行粉を使った際、「ダイアゴン横丁」をはっきり発音しなかったため、間違って夜の闇横丁のボージン・アンド・バークスの暖炉に移動してしまう。ハリーは不気味な商品に驚き、客のルシウスドラコ・マルフォイ親子が出てから外に出た。彼は老婆に声をかけられたが、ルビウス・ハグリッドに助けられダイアゴン横丁に無事戻った。

1996年、ハリーは、彼とロン・ウィーズリーハーマイオニー・グレンジャーの3人でドラコ・マルフォイを追って再び夜の闇横丁に入る。ハリーはドラコが死喰い人ではないかと疑っていた。1996~1997学年度、ドラコ・マルフォイは姿をくらますキャビネット棚を使ってホグワーツ魔法魔術学校に死喰い人たちを招き入れた。

この横丁の店にはあらゆる闇の物品があり、有毒なキャンディや干し首、大蜘蛛、人間の手足の爪のようなもの、肉食ナメクジの駆除剤などが買える。アーサーモリー・ウィーズリー夫妻は子供たちに夜の闇横丁への出入りを禁じていた。

購入できる品物

名前の由来

ノクターン横丁(Knockturn Alley)とは、「nocturnally」(夜間に)とかけた言葉遊びであり、同様にダイアゴン横丁(Diagon Alley)も「diagonally」(斜めに)にかかっている。

登場作品

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。