Fandom

Harry Potter Wiki

吟遊詩人ビードルの物語 (現実世界)

361このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする


吟遊詩人ビードルの物語』とはイギリスの作家J・K・ローリングが執筆した本であり2008年12月4日に原書が発売された。『ハリー・ポッターと死の秘宝』の一年半近くあとに出版され、2016年7月の『ハリー・ポッターと呪いの子』上演までは最後のハリー・ポッター関連作品となっていた。本書は『ハリー・ポッターと死の秘宝』で言及された同名の童話を詳しく描いたものである。もともとはJ・K・ローリングがイラストを描き、手書きで書いた7冊しか存在しない限定本だった。

そのうちの一冊が2007年下半期にオークションに出され50,000ポンドで落札されると予想されていた。最終的にAmazon.comが195万ポンドで落札し現代文学の原稿として最高額を記録した。オークションで得た収益はチルドレンズ・ボイス・チャリティー・キャンペーンに寄付された。本書は2008年12月4日に一般向けに発売され収益は児童ハイレベルグループに寄付された。

関連項目

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki