FANDOM


「計り知れぬ英知こそ、われらが最大の宝なり!」
レイブンクローの髪飾りに刻まれた言葉[出典]

ロウェナ・レイブンクロー教授993年以前~1000年ごろ)とは、中世初期に活動した魔女である。彼女は聡明な頭脳と沈着な態度によりこの時代な最も偉大な魔女/魔法使いのひとりに数えられる。レイブンクローはゴドリック・グリフィンドールヘルガ・ハッフルパフサラザール・スリザリンらと共にホグワーツ魔法魔術学校創設した。彼女はレイブンクローの寮監を務めた。「美しいが少し威嚇的」であったとされる。

11世紀、彼女は重い病に倒れ死亡した。伝説によれば、娘のヘレナ・レイブンクロー彼女の髪飾りを盗んだことが原因であるという。

経歴

生い立ち

「谷川からきたレイブンクロー
賢明公正レイブンクロー」
―レイブンクロー誕生の地について歌う組み分け帽子[出典]

ロウェナ・レイブンクローは10世紀のあるときに誕生した。彼女は峡谷の近くにいた。そしてレイブンクロー家に生まれたかあるいは嫁いだ。ヘルガ・ハッフルパフと親友でもあった。

いつ、どこでかは分からないが、レイブンクローはを手に入れた。

ホグワーツ創設

「彼らはマグルの詮索好きな目から遠く離れたこの地に、ともにこの城を築いたのであります」
―ホグワーツの歴史についてカスバート・ビンズ[出典]

世界最高の魔法学校を創るという目的で集ったレイブンクローと友人のヘルガ・ハッフルパフゴドリック・グリフィンドールサラザール・スリザリンらは993年ごろ、ホグワーツ城を建てホグワーツ魔法魔術学校を創設した。イボ(Warty)イノシシ(Hog)にの近くの崖まで案内されるという夢を見たレイブンクローが、学校の場所と名前を決めたという言い伝えがある。彼女は変幻自在の設計を考えた。

レイブンクローは知恵と機知のある生徒を選んだ。そのため、レイブンクローは生徒に研ぎ澄まされた心、知性、独創性、平静を要求する。

あるときレイブンクローは娘のヘレナを出産し、ホグワーツで自ら教えた。

晩年と死

「私は、母よりも賢く、母よりも重要な人物になりたかった」
ヘレナ・レイブンクロー[出典]

ホグワーツでの生活を終えたヘレナはあるとき、着ければより賢くなるといわれる母親の髪飾りを盗み出した。ヘレナは母親の優れた知性をうらやましく思いそれを持って遠く離れたアルバニアまで逃げた。ロウェナは娘の裏切りを恥に思い、髪飾りを失ったことを他の創始者たちにも秘密にしていた。

ロウェナは重い病に侵された。ロウェナは裏切りを許し、最後にもう一度会いたいと、ヘレナに恋をしていた男爵に彼女を捜索させた。男爵はアルバニアの森でヘレナを見つけたが、一緒に帰るのを拒まれたとき怒りにかられ、また、自由への妬みから彼女に暴力をふるいナイフで刺し殺した。すぐさま我に返った男爵は同じナイフで自殺した。やがてヘレナはレイブンクロー寮の、男爵はスリザリン寮の、寮憑きゴーストとなった。ロウェナとヘレナが生きた状態で再会することはなかった。

ロウェナの夭折は心砕かれた結果だといわれている。

身体描写

ゼノフィリウス・ラブグッドが制作したレイブンクローの胸像は、「美しいが厳めしい」顔つきをしていた。彼女は長身で黒の長髪に黒い瞳をしていた。言葉にはスコットランド訛りがある[2]

関連項目

登場作品

脚注

  1. ロウェナは重い病にかかり、血みどろ男爵にホグワーツを卒業した娘をアルバニアまで追わせた。ホグワーツが創設されたのが993年ごろであり、そのとき娘が入学していれば1000年に卒業したことになる。
  2. ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki