FANDOM


912poaslytherinmed 情報が少ないぞ、ポッター!
このページにはより多くの情報と出典が必要です。
詳しくは書きかけのページについて編集プロジェクト

ルーファスは行動派の人間で、人生の大半を闇の魔法使いと戦ってきたのじゃから、ヴォルデモート卿を過小評価してはおらぬ アルバス・ダンブルドア
ルーファス・スクリムジョール大臣1997年8月1日死亡)とは、闇祓いとして魔法省に入りほとんどの時間を闇の魔法使いとの戦いに費やした百戦錬磨の戦士である。第二次魔法戦争において、ヴォルデモート卿の復活が公になった時、解任されたコーネリウス・ファッジの後任として魔法大臣を務めた。闇払いとしての強硬な姿勢から一定の成果を挙げるも、多くの無実の人々がアズカバンに投獄される事態にもなった。同時にハリー・ポッターにも協力を要請したが、知人を投獄されていたハリーは彼の政策を批判し、決別する。ある時、ヴォルデモートの手により魔法省は陥落、ハリーの情報を得ようとした死喰い人たちに拷問されるが、彼はその最期の力を対立していたハリーを守る事に使う事になった。死喰い人はスクリムジョールから一切の情報を得る事は無かったのである。その事実を知ったハリーはスクリムジョールが自分を庇ったという事実に驚愕と感謝を示したのである。

登場作品

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。