FANDOM


ルシウス・マルフォイ1954年生まれ)とは、純血魔法使いで、アブラクサス・マルフォイの息子、ナルシッサ・マルフォイの夫、ドラコ・マルフォイの父親である。ルシウスはホグワーツ魔法魔術学校スリザリン監督生を務めた。成人後は貴族マルフォイ家の家長として純血の至上を唱え純血主義を信じた。彼は同じ純血主義者たちの死喰い人に加わり第一次魔法戦争に参加した。

ヴォルデモート卿が失脚すると、ルシウスは服従の呪文にかけられていたとして無実を主張した。マルフォイ家は上流階級としての立場を維持し、ルシウスは反マグル生まれを続けた。1992年にはジニー・ウィーズリーの教科書にトム・リドルの日記を滑り込ませて秘密の部屋を開けさせ、父親のアーサー・ウィーズリーのキャリア妨害を図った。1994年クィディッチ・ワールドカップの後のマグル攻撃にも参加した。

ヴォルデモートが復活すると、再び死喰い人になり、彼の命令で予言を手に入れようとした。1996年戦いで予言は壊れ、逮捕されたルシウスはアズカバンに服役した。1997年、ヴォルデモートは牢獄を破って死喰い人たちを助けるが、彼は予言を奪い損ねたルシウスと家族を冷遇した。第二次魔法戦争終盤、ルシウスと家族はヴォルデモートを見限って闇の世界から足を洗った。

ヴォルデモートのの前に死喰い人をやめたため、ルシウスが罪に問われることはなかった。息子のドラコはアストリア・グリーングラスと結婚し、ルシウスとナルシッサにとって孫となるスコーピウスをもうけた。

登場作品

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki