FANDOM


ハリー...愛されているのよ。とても愛されているのよ。ママはあなたを愛してる。パパもあなたを愛してる。安全に生き延びて、強くなって リリー・J・ポッター
リリー・J[1]・ポッター(旧姓エバンズ)(1960年1月30日1981年10月31日)はマグル生まれ魔女であり、エバンズの次女でペチュニア・エバンズの妹である。ペチュニアはのちにリリーの息子を育てることになった。リリーは幼少期にセブルス・スネイプ(近所に住んでいた魔法族の少年)と出会い魔法の存在を聞いて自分が魔女であると知った。彼女は1971年から1978年にかけてホグワーツ魔法魔術学校に在籍した。学校ではグリフィンドール組分けされスラグ・クラブにも所属していた。7年目、リリーは首席に選ばれ、ジェームズ・ポッターと付き合うようになった。

ホグワーツ卒業後、リリーはジェームズと結婚し、シリウス・ブラックを後見人に息子ハリー・ポッターをもうけた。この夫婦は友人であるシリウス・ブラック、リーマス・ルーピンピーター・ペティグリューらと一緒に不死鳥の騎士団に参加して第一次魔法戦争で戦った。リリーと夫は3度にわたってヴォルデモート卿の手から逃れていたが、ヴォルデモート卿と幼児である息子に関連した予言がなされると隠遁生活を余儀なくされた。リリーとジェームズはペティグリューの裏切りにあい、やがて1981年のハロウィンに、息子を守ろうとしてヴォルデモートに殺された。

リリーはその後、蘇りの石により1998年にジェームズ、シリウス、リーマスらとハリーの前に姿を見せている。第二次魔法戦争終結後、ハリーはジェームズ・シリウス・ポッターアルバス・セブルス・ポッターリリー・ルーナ・ポッターら3人の子供をもうけリリーにとっては孫ができたことになる。リリー・ルーナはリリーの名前からとられたものである。

登場作品

脚注

  1. Harry Potter: The Artifact Vault 』74ページに掲載されている、プロップのトロフィーに載せる名前をリストしたプロダクションノート(この画像参照)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。