FANDOM


リタ・レストレンジ[4]とは、純血レストレンジ家に生まれた純血の魔女[3]である。彼女は1908年から1916年のある時期にホグワーツ魔法魔術学校に在籍した。在学中、彼女はニュート・スキャマンダーと親しい関係を築いた[5]。リタ・レストレンジは1927年までにニュート・スキャマンダーの兄であるテセウス・スキャマンダーの婚約者だった。

経歴

ホグワーツ在学中 (1908年-1916年)

クイニー・ゴールドスタイン:「学生時代、とても仲が良かったのね。」
ニュート・スキャマンダー:「お互いはみだし者だったから。それで僕ら・・・・・・」
— ニュートとリタの親密な関係[出典]

リタ・レストレンジは在学中、互いに魔法動物に大いなる興味を持っていたことと疎外感を感じていたことからホグワーツ魔法魔術学校の生徒であるニュート・スキャマンダーと「親しい間柄」になった。

退学寸前 (1913年)

1913年ジャービーを使ったリタの実験のひとつが失敗し他の生徒の命が危険にさらされた。親友が退学になるのを見ていられなかったニュートは彼女の罪をかぶって代わりに退学処分を受けた。このできごとによりニュートは彼女に苦い想いを抱くがそれでも愛情は残っていた。[6]

1926年

1926年末にニューヨークに旅した際もニュートの作業小屋にはリタの写真が飾られていた。開心術を使ってニュートの心を見たクイニー・ゴールドスタインはふたりの関係について彼女は「奪う人」であったと分析した。

個性と特徴

クイニー・ゴールドスタインによればリタは「奪う人」で「与える人」ではなかった。リタはかなり複雑な人物とされており、傷つき困惑した女性である。悲劇的とも言え、彼女をまだ愛しているニュートにはある程度の影響力を持つ。[6]

舞台裏

登場作品

脚注

  1. リタのジャービーへの実験は1913年のことである。このとき17歳以下である(ホグワーツ在学中であるため)ことからもっとも早い誕生は1896年となる。そして実験当時もっとも可能な若さである(こちらもホグワーツ在学中であるため)11歳であったとすれば1902年生まれとなる。
  2. World Exclusive Interview with J K Rowling, South West News Service, 8 July 2000
  3. 3.0 3.1 Writing by J.K. Rowling: "Pure-Blood" - Pottermore - レストレンジ家は1930年代に出版された「純血辞典」に載っている。
  4. ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅: The Original Screenplay』シーン92
  5. ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅: The Original Screenplay』シーン92
  6. 6.0 6.1 Bustle - "Who is Leda Lestrange? 'Fantastic Beasts' Is Only The Start For The New Character, Says Director David Yates" 18 November 2016