Fandom

Harry Potter Wiki

リタ・レストレンジ

361このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

リタ・レストレンジとは、ホグワーツ魔法魔術学校在学中であった1908年から1916年ごろに、互いの魔法動物に対する人並み外れた愛情によってニュートン・スキャマンダーと「親しい関係」にあった魔女である。リタの実験のひとつが失敗し他の生徒の命を危険にさらしたことがあった。友人が退学になるのを見ていられなかったニュートは彼女の罪をかぶって代わりに退学処分を受けた。このできごとによりニュートは彼女に苦い想いを抱くがそれでも愛は残っていた。1926年末にニューヨークに旅した際もニュートの作業小屋にはリタの写真が飾られていた。

クイニー・ゴールドスタイン開心術を使ってニュートの心を読み取り、ふたりの関係性についてリタは「奪う人」であったと分析した。

舞台裏

登場作品

脚注

  1. リタのジャービーへの実験は1913年のことである。このとき17歳以下である(ホグワーツ在学中であるため)ことからもっとも早い誕生は1896年となる。そして実験当時もっとも可能な若さである(こちらもホグワーツ在学中であるため)11歳であったとすれば1902年生まれとなる。
  2. World Exclusive Interview with J K Rowling, South West News Service, 8 July 2000
  3. ポッターモア - 純血 - レストレンジ家は1930年代に出版された「純血辞典」に載っている。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki