FANDOM


Je suis désolé.
미안 합니다.
對不起。
I'm sorry.

「ごめんなさい。」どの言語にも表現できる気持ちである。しかし、相手が親しいほど言いにくい言葉でもある。時には、ハーマイオニーとロンがシリーズの中に最も輝いている瞬間は最終作のキスだと言われる。でも、よく考えば、彼らが一番格好いい瞬間は実際にほかでもなく、まさに第3巻で素直にお互いに謝り合う時ではないだろうか。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki