FANDOM


メローピー・リドル(旧姓ゴーント)(1907年1926年12月31日)とは、純血魔女であり、マールヴォロ・ゴーントの娘、モーフィン・ゴーントの妹である。メローピーはサラザール・スリザリンの直系の子孫に当たりパーセルマウスだった。彼女はリトル・ハングルトン小屋で育ち、一緒に住んでいたマールヴォロとモーフィンから精神的かつ身体的虐待を受けていた。メローピーはハンサムで裕福なマグルトム・リドルを熱狂的に愛するようになった。父親と兄の両方がアズカバンに収監されると彼女はトムを幻惑させ結婚した。結婚から一年後、騙されたことに気づいたトムは妊娠したメローピーを捨てた。彼女はやがてひとりでロンドンに現れウール孤児院で息子を出産してトム・マールヴォロ・リドルと名づけた直後に息を引き取った。

彼女の死から数十年後、ヴォルデモート卿という名を名乗るようになった息子は史上もっとも危険な闇の魔法使いと化した。

登場作品

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki