FANDOM


Granger family DH.jpg

マグル生まれのハーマイオニー・グレンジャーマグルの歯科医の娘である。

リリー・エバンズ:「何か違うの?マグル生まれって」
セブルス・スネイプ:「いいや。何も違わない」
— マグル生まれについて、リリー・エバンズセブルス・スネイプ[出典]

マグル生まれ(Muggle-born、Magbobs[1]とも呼ばれる)、アメリカ合衆国でのノー・マジ生まれ(No-Magj-born[2])とは、非魔法界の両親のもとに生まれた魔法使いや魔女を指す言葉である。マグルの両親のもとに生まれても魔力に差は見られず、事実、リリー・エバンズハーマイオニー・グレンジャーは同年代の中でもっとも優れた魔女だった。

純血の家系が減少しているため、魔法界におけるマグル生まれの比率は増加の傾向にある[3]

魔力の元

マグル生まれは先祖から魔力を受け継いでいる。魔力はマグルと結婚したスクイブを通して魔法界の知識のない家庭に遺伝する。数世代後になって思いがけず魔力が開花するのである[4]

魔法の遺伝可能性により、コリンデニス・クリービーのようなマグル生まれの兄弟も存在する。しかし、リリー・エバンズの姉ペチュニアはマグルであったため必ずしも起きるとは限らない。

イギリス魔法界においては、マグル生まれの魔女や魔法使いが11歳になると通常のふくろう便ではなく学校職員によってホグワーツの入学許可通知が配達される。この目的は両親や保護者に突然の報せを伝えることであり秘匿された魔法社会の説明も行う。彼らは魔法学校への行き方や教材の買い方も教授する。

登場作品

関連項目

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki