Fandom

Harry Potter Wiki

ポーペンティナ・ゴールドスタイン

357このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

ポーペンティナ・エスター[1]・"ティナ"・スキャマンダー(旧姓ゴールドスタイン)(1901年8月19日生まれ)とは、アメリカ人魔女であり、アメリカ合衆国魔法議会闇祓いをしていた。有名な魔法動物学者で作家のニュート・スキャマンダーの妻である。

ティナはノーマジメアリー・ルー・ベアボーンが養子クリーデンスを叩いているところを魔法を使って止めたため闇祓いの職を解任させられた。ゴールドスタインは上司の命令に逆らって新セーレム救世軍の調査をしていたのであった。1926年ゲラート・グリンデルバルド逮捕に協力したことにより彼女は復職した。

経歴

生い立ち

ポーペンティナ・エスター・ゴールドスタインは1901年8月19日アメリカ合衆国国内で誕生した。彼女には少なくともひとりの妹がおり、クイニーという名前だった。姉妹はかなり早い段階で龍痘により母親父親を亡くしている。それ以後、ふたりは「お互いに育て合い」、その深い絆は大人になっても続いた。ポーペンティナの友人や家族は彼女のことを「ティナ」と呼んだ。

姉妹はどちらもイルヴァーモーニー魔法魔術学校に通った。

マクーザでのキャリア

Wand Permit Office sign FB-F.png

ティナが務める魔法の杖認可局

ティナはアメリカ合衆国魔法議会(マクーザ)に勤めていた。もともとは闇祓いであったが、新セーレム救世軍指導者メアリー・ルー・ベアボーンが養子であるクリーデンス・ベアボーンを虐待しているところを止めようと、彼女の眼前で魔法を使用してしまった。ティナの上司はこれを咎め彼女を魔法の杖認可局の職に左遷した。この仕事は彼女の能力と野望をはるかに下回るものであった。妹のクイニーもまた、魔法の杖認可局で単調なデスクワークに従事していた。

ニュートとの出会い

1926年、ティナは妹とともにニューヨーク西24番街679にあるタウンハウスで生活していた。1926年12月6日、ティナは仕事の合間にスティーン・ナショナル銀行前の階段で群衆に向かって演説するメアリー・ルーを見守っていた。彼女は頭上を舞うビリーウィグに気づき、そして、スーツケースから逃げ出したニフラーを追って群衆をかき分けるイギリス人魔法動物学者ニュート・スキャマンダーを目撃する。ティナは彼を怪しく思って尾行した。

Fantastic-beasts-03.jpg

ニュートを連行するティナ

ニュートが魔法を使いノーマジジェイコブ・コワルスキー姿現わししたのを見たティナはニュートを逮捕する。彼女はジェイコブをオブリビエイトしたか尋ね、ニュートがしていなかったことだけでなくアメリカの魔法社会についてほとんど知識を持ち合わせていないことにも失望した。

スーツケースに動物を入れていたと判明すると、ティナはニュートとスーツケースをマクーザ本部へ伴った。彼女はセラフィーナ・ピッカリー議長が開いていた会議を中断して入ったが、うまく説明することができず議長に追い出されてしまう。魔法の杖認可局に戻った彼女とニュートのもとに興味を持った闇祓いパーシバル・グレイブスが訪れる。しかしながら、スーツケースの中身はジェイコブが作ったお菓子しか入っていなかった。このときティナとニュートはこのノーマジが魔法のスーツケースをもっていることに初めて気づいた。

Fantastic Beasts Sisters.jpg

クイニーとティナ

ジェイコブのアパートメントに到着したふたりは崩壊した建物を目の当たりにする。ふたりはマートラップに噛まれて気を失っているジェイコブを見つけ、動物が逃げ出したことを確認した。回復するまでノーマジを隠しておいた方がいいと考えたティナはニュートとジェイコブを自分の家まで連れて行く。彼女はふたりを妹に紹介し夕食を共にした。ティナはふたりを部屋に案内しドアを閉めた。そして彼女が次に部屋に入った時にはふたりとスーツケースは消えていた。

ティナは橋下のアイススケートリンクまでふたりを尾行した。ふたりがスーツケースに入るとティナは鍵を閉めてこれをマクーザ本部まで運び、大会議に割り込んで動物の情報を伝えた。ピッカリーは報告の遅れを理由にティナとニュートに死刑を宣告し彼女を失望させる。その後ティナはスウーピング・イーヴルを使ったニュートに救出された。ふたりはマクーザ脱出を試みるが闇祓いの追跡を受ける。彼女たちはスーツケースを携えたクイニーとジェイコブに出くわし、3人が中に入ってクイニーが運び出した。

Fbawtftteasertrailer1.jpg

ナーラックを訪ねるティナとニュートたち

4人は見つかっていない最後の2匹の動物を捕まえる計画を立てる。しかし1匹は透明なため捜索は困難であった。ティナは一行をナーラックに会わせるためザ・ブラインド・ピッグへと案内する。ナーラックは取り引きの末、助力に賛成し一行は必要な情報を得た。しかしナーラックは事前に通報しており、4人は闇祓いたちから逃げ出さなければならなかった。

デパートメントストアに就いた4人はオカミーのために品物を盗むデミカイズを発見する。ティナはオカミーをティーポッドに閉じ込めることに協力し、逃げ出した動物の捜索に終止符を打った。それから4人はビルの屋上に上り、オブスキュリアルに姿を変えて闇祓いを蹴散らすクリーデンスを目撃した。ニュートは彼を助けるために進み出しティナも後に続いた。ふたりは再びパーシバル・グレイブスと対面し、グレイブスは車を飛ばしてティナを攻撃した。グレイブスはティナが常に邪魔をすると言い残して姿を消す。

彼女はグレイブスとニュートを追って地下鉄の駅に到着する。ティナはなんとかクリーデンスを落ち着かせたがセラフィーナ・ピッカリーと闇祓いが到着して彼を怯えさせてしまう。闇祓いの攻撃を受けたクリーデンスは姿を消した。パーシバルの正体が変身したゲラート・グリンデルバルドであると判明し、ティナはサンダーバードフランクがニューヨーク中のノーマジたちの記憶を消すのを目撃した。

FB-TRL3-89383.jpg

別れを告げるティナとニュート

ノーマジの世界に戻るジェイコブに別れを告げた彼女は、その後イギリスに戻るニュートを見送りに行く。ニュートが出発する前ふたりは穏やかな会話を交わした。

晩年

やがてティナはニュートと結婚しイギリスに移り住んだ。ふたりには少なくともひとりの子供がおり、その子供がふたりの孫ロルフ・スキャマンダーの親となった。

20世紀後半、彼女は夫とペットのニーズルホッピーミリーモーラーとともにドーセットで暮らしていた。孫がルーナ・ラブグッドと結婚してふたごの男の子ローカンライサンダー・スキャマンダーが生まれたため、ティナは曾祖母となった。

夫は2015年時点でも存命が確認されているが、ティナの生死は不明である。

個性と特徴

ティナは明らかに現実的で落ち着いた性格をしており、「地に足のついた」とも評される。しかしながら、彼女は「非常に感傷的」であるともされ、「愛と強さ、勇気に溢れている」と表現されている。彼女は生まれつき野心的で正しいことのために戦いたいという欲求を持っている。

魔法能力と技術

所持品

ギャラリー

舞台裏

登場作品

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 日本で行われた小道具展覧会で展示されたポーペンティナのマクーザIDより(この画像参照)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki