FANDOM


たった一人でも学びたい生徒がいれば、学校はその生徒のために存続すべきでしょう アルバス・ダンブルドアの死に際してスプラウト教授
マダム・ポモーナ・スプラウト教授1931年または1941年5月15日生まれ)とは、ホグワーツ魔法魔術学校においてハッフルパフ寮の寮監および薬草学部門部長を務めた魔女である。彼女はそれ以前にホグワーツの生徒でありハッフルパフ組分けされ薬草学に秀でていた。卒業してからある時点でホグワーツに教師として戻った。

スプラウト教授は第二次魔法戦争においてヴォルデモート卿に対抗する陣営に加わった。1993年、彼女はスリザリンの蛇によって石化させられた生徒を治すためにマンドレイク回復薬のもとになるマンドレイクの飼育に励んだ。1995~1996学年度には他の職員たちとともにホグワーツ高等尋問官ドローレス・アンブリッジによる学校への支配に反対し、天文台の塔の戦いの後には学校の存続に賛成し1998年にはセブルス・スネイプの追放に一役買った。ホグワーツの戦いでは数名の生徒と胸壁を守り侵略する死喰い人に対し悪魔の蔓や危険な植物を投げつけた。

彼女は戦争を生き延び2014年までに引退した。薬草学教授の役目はネビル・ロングボトムが引き継いだ。

登場作品

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。