Wikia

Harry Potter Wiki

ホークラックス

トーク0
233 件の記事が
このウィキにあります

ホークラックス(Horcrux)は、J・K・ローリングの小説『ハリー・ポッター』シリーズに登場する魔法用語である。6巻にて初登場。

名称について編集

Horcruxは、フランス語の「dehors」(=英:outside、外)と、「crux」(英語:要点、ラテン語:責め苦)を由来とする造語である。したがって、魔術を用いた人物の重要な部分(=魂)を苦しみとともに外へ出す、という意味になる。

概要 編集

ホークラックスは、「分割した霊魂を隠した物」を指す。邦訳においては分霊箱(ぶんれいばこ)と訳されているが、「魂を隠した物」は物質でも生物でも、その形状を問わない。また、本来の肉体にも魂が残っている。

分霊箱に納められた魂の断片は、魂をこの世に繋ぎとめる役割を持ち、「完全な死」を防ぐ効果を持つ。本来の肉体と肉体に宿る魂が破壊されても、他の魂の断片を納めた分霊箱が存在する限り、その者が本当の意味で死んだことにはならない。ただし分割された魂が全て滅ぼされた状態で本体が肉体的な死を迎えると、魔法を講じた者は死滅する。

分霊箱を作った魔法使いが肉体を滅ぼされた場合でも、分霊箱が無事であれば、ゴーストとも生命体とも呼べないほど弱い霞のような存在となる。肉体を得るには、何らかの蘇生魔法を使う必要がある。また、肉体を滅ぼされ魂のみの存在となっても、分霊箱に保存された魂は消耗しない。

他者を殺害すると自分の魂が引き裂かれることを利用して魂を引き裂くため、分霊箱を作成する際には生け贄として他者を魔法で殺害する必要がある。殺害は直接的な方法(死の呪文の行使など)である必要はなく、間接的な方法、たとえばバジリスクに指示を出して殺害させるといった形でも分霊箱を作ることは可能である。また、作中のホラス・スラグホーンの発言から、引き裂いた魂を魔法器に保存するための呪文もあるようだが、作中では明らかにされていない。

他者の命を犧牲にして自らの命を補強するという特性から、最も邪悪な魔法と見なされ、その存在は一部の者しか知らない。加えて存在を知る者でも、この魔法の真の「意味」や具体的な方法を知る者となると極めて少なく、ホグワーツ魔法魔術学校ではホークラックスや分霊箱の名を口に出すことすら強く禁じられている。スラグホーンは過去に、ホグワーツの図書室で分霊箱に関して微塵でも記述がある本を探すだけでも骨だと語っており、実際、図書室を長年利用し本の配置などにも詳しいであろうハーマイオニー・グレンジャーでさえ、「魔法の中で最も邪悪な発明。人はそれを説きもせず語りもしない」という一文が記載された本を一冊見つけるのが限界だった。

分霊箱を複数個作ることもできるが、そうした場合の効果の変化については不明。なお、作中で分霊箱を使用したのはヴォルデモートのみだが、3つ以上に魂を引き裂いた人物は魔法界の歴史においても他に存在しないだろうとされる。ヴォルデモートが人間離れした容姿に変貌していったのは魂を引き裂いた結果であるとダンブルドアは推測している。しかし、少なくとも分霊箱を1つ作った時点ではヴォルデモートの容姿に変化はなかった。

分霊箱は強力な魔法特性を持った物でしか破壊できず、また破壊されると魂を分割した本人は気付くようだが、ヴォルデモートは魂を分割しすぎたせいか、作中破壊されたことに全く気づかなかった(映画版では逆に感知している)。

分割された魂を元に戻すには良心の呵責が必要であり、自らを滅ぼすほどの苦痛が伴う。7巻で、ハリーがヴォルデモートに後悔をするよう説得する場面が見られるが、ヴォルデモートは最終的にこれを拒否した。

また人の心を支配する力があり、魂が保存された物に執着心を持つとその人間は操られてしまう。作中では、「リドルの日記」にジニー・ウィーズリーが操られた。またアルバス・ダンブルドアも「ゴーントの指輪」をはめてしまい、致命傷を負っている。

ヴォルデモートの分霊箱 編集

ヴォルデモートはより確実な安全のために複数回の分霊箱作成を行なっている。また7という数字が作品世界では一番強い魔法数字とされるため、6回の分割を経ることで、自身の肉体に残る1つの魂と6つの分霊箱の7つに自身の魂が分割されれば、より強力な存在になれるのではないかと考えた。そして1943年に16歳で1回目の分霊箱作成を行ない、その後も順次作成し、魂を6つに分割していった。

6つ目の品を得る前に1981年のハリー・ポッター襲撃で肉体を失っており、6回目の分霊箱作成を行なったのは仮の肉体を得た1994年夏の事である。その後、1995年夏に肉体も復活した。

ヴォルデモートは自分の名誉にふさわしく、魔法の歴史を持つ物を分霊箱として選んだ。

トム・マールヴォロ・リドルの日記 編集

詳細はトム・マールヴォロ・リドルの日記を参照

マールヴォロ・ゴーントの指輪 編集

詳細はマールヴォロ・ゴーントの指輪を参照

サラザール・スリザリンのロケット 編集

詳細はサラザール・スリザリンのロケットを参照

ヘルガ・ハッフルパフのカップ 編集

詳細はヘルガ・ハッフルパフのカップを参照

ロウェナ・レイブンクローの髪飾り 編集

詳細はロウェナ・レイブンクローの髪飾りを参照

ナギニ 編集

詳細はナギニを参照

ハリー・ポッター 編集

そしてもう1つ、意図せずに作ってしまった分霊箱が存在する。

ハリー・ポッター
1981年10月31日、ヴォルデモートが当時赤ん坊だったハリーに死の呪文を使った際、リリー・ポッターの愛による防御呪文で呪文を撥ね返された。この時、ヴォルデモート自身に残っていた魂の一部がハリーに引っかかり、ハリーは「ヴォルデモートが意図せずに作った分霊箱」となってしまった。
しかし4巻で、ヴォルデモートは自身の甦りにハリーの血を使ってしまう。このことでヴォルデモートはハリーの血に宿るリリーの防御呪文までも取り込んでしまい、結果としてハリーはヴォルデモートの肉体が生きている限り死ななくなった(つまりヴォルデモート自身が「ハリーの分霊箱と同様の存在」になったと言える)。
7巻でヴォルデモートがハリーに対して死の呪文を使ったが、上記の通りハリーの魂はヴォルデモート自身に守られているためハリーは死なず、ハリーに残っていたヴォルデモートの魂だけが破壊される結果となった。器の破壊なくして魂の欠片だけを破壊された、法則に外れた分霊箱である。

外部リンク 編集

アラウンド・ウィキアネットワーク

おまかせウィキア