FANDOM


おまえたちが、戦う準備をしているのはわかっている。何をしようが無駄なことだ。俺様には敵わぬ ホグワーツの戦いに直前、ヴォルデモート卿による最終通告
ホグワーツの戦いとは、第二次魔法戦争最後の戦いである。戦闘は1998年5月2日未明から始まりホグワーツ魔法魔術学校と校庭で行われた。

ハリー・ポッター最後の分霊箱を発見して破壊するために城に潜入したと気づいたヴォルデモート卿は、すべての死喰い人と忠誠を誓った生物たちに城を攻撃するように命じた。ダンブルドア軍団は戦う必要があると不死鳥の騎士団やその他の味方に伝え、大規模な戦闘の幕開けとなった。ヴォルデモートが叫びの屋敷で指揮を執る一方、キングズリー・シャックルボルトミネルバ・マクゴナガルホグワーツ防衛軍を率いた。ヴォルデモートはハリー・ポッターが真夜中までに自ら降伏してくるとこを要求する声明を出した。

ヴォルデモートと多くの死喰い人が命を落とし、戦いは不死鳥の騎士団とダンブルドア軍団による完全勝利に終わった。これは戦争中でももっとも被害の大きかった戦いでありヴォルデモート卿、ベラトリックス・レストレンジリーマス・ルーピンニンファドーラ・トンクスセブルス・スネイプフレッド・ウィーズリーコリン・クリービーラベンダー・ブラウン、50名以上のホグワーツ陣営の戦士などが犠牲となった。また、戦闘終了後、ニワトコの杖アルバス・ダンブルドアに収められたため、この杖が使用された最後の戦いと考えられる。

ホグワーツ陣営にとってこの戦いの勝敗は、ヴォルデモートを倒せるか否かの一点にかかっていた。実際に、ナギニがネビルによって倒されなかった場合にはヴォルデモートが戦況を覆し、戦いは闇の陣営の勝利だったとされている。

登場作品

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。