FANDOM


ペベレル(Peverell)とは、中世の純血魔法族の苗字である。1998年の初旬、ハーマイオニー・グレンジャーは『生粋の貴族―魔法界家系図』においてペベレル家の男子の血筋が途絶えたことを確認している。そのためこの姓は無くなり、子孫は違う苗字を名乗っている。

三人兄弟

「そして『死』が三人に語りかけました。三人の獲物にまんまとしてやられてしまったので、『死』は怒っていました。というのも、旅人はたいてい、その川で溺れ死んでいたからです。でも『死』は狡猾でした。三人の兄弟が魔法を使ったことを誉めるふりをしました。そして、『死』を免れるほど賢い三人に、それぞれ褒美をあげると言いました」
ペベレル兄弟を基にしたとされる三人兄弟の物語[出典]

アンチオクカドマスイグノタスペベレル兄弟魔法界の伝説である「三人兄弟の物語」のモデルになったとされている。3人はそれぞれ死の秘宝のひとつを持っていた。

伝説によれば、アンチオクはニワトコの杖を初めて使った決闘に勝利した夜、睡眠中にのどを切られて死亡した。彼がの力を吹聴したためそれを狙った何者かに殺されたのである。しかし現実に彼が殺されたのか(その後の血塗られた歴史ではそう思えるが)、それとも子供に渡したのかは不明である。

伝説ではさらにカドマスが蘇りの石を使った後自殺したとされている。彼はかつて愛した故人の女性を呼び戻したがまったく満たされなかった。カドマスは彼女の幻影を求め、彼女は生者の世界に喜びを見いだせなかった。しかしカドマスの子孫ゴーントが石を所有していたことから、カドマスにも子供がいたと考えられ、彼がかつて愛した女性が出産と同時に死亡したとも考えられる。

イグノタスは長く充実した人生を歩んだとされ、透明マントを子供に譲ると自らを友人として受け入れた。透明マントは子から子へ受け継がれ最終的にハリー・ポッターの手に渡った。

アルバス・ダンブルドアは3人兄弟が死の秘宝の作成者であると考えていた。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki