Fandom

Harry Potter Wiki

ペチュニア・ダーズリー

323このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

ペチュニア・ダーズリー(旧姓エバンズ)(1960年以前~2020年以前)とは、マグルのエバンズの長女であり、マグル生まれ魔女リリーの姉である。彼女は幼少期から妹と関係を絶ち、魔法界とのいかなるつながりをも拒絶した。

ペチュニアはマグルのバーノン・ダーズリーと結婚し息子のダドリーをもうける。ところがリリーがヴォルデモートの手にかかって死亡するとペチュニアは彼女の息子でまだ幼児だったハリー・ポッターの唯一の血縁者となった。ハリーがホグワーツ魔法魔術学校からの手紙を受け取るとペチュニアは彼に部屋を与え(これ以前は階段下の物置で生活させていた)たが、ほとんどの場合ネグレクトした。1991年、ハリーはホグワーツに入学しペチュニアは激怒した。1997年、ペチュニアと家族はヴォルデモートと死喰い人の魔手から逃れるため不死鳥の騎士団によって家を離れ身を隠した。

第二次魔法戦争終結後、複数の孫が生まれている。2020年になる前のある時点でペチュニアは夫を残して死亡した。

登場作品

Fandomでも見てみる

おまかせWikia