Wikia

Harry Potter Wiki

ペチュニア・ダーズリー

トーク0
233 件の記事が
このウィキにあります

ペチュニア・ダーズリー(Petunia Dursley)は、J・K・ローリングの小説『ハリー・ポッター』シリーズ、及びその派生作品に登場する架空の女性である。

概要 編集

ハリー・ポッターの伯母で、育ての母。ハリーを冷遇する一方、実子のダドリーを溺愛している。

魔法に関しては、その存在を一切認めないような態度を取っており、ハリーに対しては些細なことにも目くじらを立てるなど冷たくあたった。しかし実際には、魔法界についても断片的な知識を有し、物語の鍵を握る人物でもある。

登場巻 編集

全巻

人物 編集

髪はブロンドで、瞳は灰色。痩せ型で、馬のような顔と長い首が特徴。妹:リリーとは全く似ておらず、不美人である。マグルであり、魔力も持たない。「ペチュニア」という名前はリリー同様、花に因む。

いわゆる「親バカ」であり、ダドリーに対しては客観的な欠点をも長所と解釈するほどの溺愛ぶりを見せる。その様子はダンブルドアから「虐待」と評されるが、本人達は全く自覚していない。

噂話が好きで常に体裁を気にしており、長い首で近所を覗き見ることが趣味となっている。潔癖な一面もあり、寝る前にキッチンを磨いている為、キッチンには染み1つなく、5巻でトンクスに「清潔すぎて不自然」と評されたほど。

略歴 編集

テンプレート:ネタバレ 1950年代後半、マグルのエバンズ家に生まれる。姉妹仲は非常によく、リリーからは「チュニー」(Tuney)と呼ばれていた。しかし、リリーが魔法力の兆候を示し、セブルス・スネイプ[1]と親友になったことで徐々に悪化する。

魔法を毛嫌いする態度を見せる一方、1971年夏、リリーの元にホグワーツ魔法魔術学校の入学案内が届いた際には、当時校長職にあったダンブルドアに「自分も入学させて欲しい」と手紙を送り、返事も受け取っている[2]。同年9月、両親とともにリリーの見送りにキングス・クロス駅へ行くが、ダンブルドア宛の手紙をリリーとスネイプに知られていると知って激しく動揺し、リリーを「生まれそこない」(原文:Freak、奇人・変種の意)と罵しり[3]、姉妹間の亀裂が決定的なものとなる。

成人後、バーノン・ダーズリーと結婚し、1980年6月22日ダドリーが誕生。同年クリスマスには、リリーに対し「悪趣味な花瓶」を贈っており、姉妹としての最低限の交流が続いている様子が窺える。しかし、ハリーの名は正確に覚えておらず、ダーズリー夫妻の間でも妹夫妻の話題はタブーになっていた。

1981年10月31日、ヴォルデモートの襲撃によりリリーとジェームズ・ポッター夫妻が死亡。このとき、リリーの命を懸けた「愛の魔法」がかかり、ハリーはエバンズ家の血を引くペチュニア一家に預かられることでヴォルデモートの魔手から保護されることになった。このため、ダンブルドアは周囲の反対を押して、ダーズリー家の玄関前に、ハリーと事情を説明した手紙を残した。11月1日朝、ハリーの存在に気付き、引き取った際、夫妻は魔法族と縁を絶つことを誓い合う。以後、ダドリーを溺愛する一方ハリーを徹底的に冷遇したが、それでも11歳になるまで自宅で育てた。

1991年7月、ハリーに入学案内が届くと、夫妻は可能な限り逃亡するが、最終的に入学を認める。以後も、ハリーは休暇の度に帰省し、17歳(魔法使いの成人年齢)になるまで、ダーズリー家が「実家」であった。

1995年7月、ダドリーが吸魂鬼に襲撃され、ヴォルデモートの復活を実感すると、恐怖に満ちた表情を見せる。バーノンはハリーを追い出そうとするが、ペチュニアは「吠えメール」を受け取った後、頑なまでにハリーを家に置くことを主張した。

1997年7月、リリーが遺したハリーの保護魔法がきれることに伴い、家を離れ「不死鳥の騎士団」の保護下に入る。ハリーとの最後の別れのとき、何かを言いたそうな様子で立ち去ったが、これについて作者は「『あなたが誰と戦っているのか知っているのよ。幸運を祈っているわ。』と言いたかったが、長年ハリーを冷遇してきたために上手く言葉にできなかった」とコメントしている。物語終了後の、消息は不明。

人間関係 編集

妹:リリーとは非常に仲が良く、スネイプが魔法界の話題を通じて親しくなったことに、嫉妬したような行動を見せるなど、ややシスターコンプレックス気味であった。リリーのホグワーツ入学後は姉妹関係が著しく悪化する。

近隣の住人では、アラベラ・フィッグと交流があり、よくハリーを預けていた。この他、友人にイボンヌ(名前のみの登場)がいる。

血縁関係編集

姉妹の長幼の順について編集

日本語版では、当初、松岡佑子の判断でペチュニアを姉としたが、その後「著者に確認を取った上で」リリー=姉、ペチュニア=妹と訳し、携帯版・映画版ともすべて統一された。ところが、2007年7月に刊行された原書7巻33章では、ペチュニアが年上とはっきり記述している[4]

この部分は、こうした邦訳の経緯から、2008年7月発売の静山社版では正確に訳出せず、ぼかしている。


テンプレート:ネタバレ終了

映画 編集

『炎のゴブレット』『謎のプリンス』以外の5作に登場。フィオナ・ショウが演じている。日本語版の吹き替えはさとうあいが担当。

脚注 編集

  1. 5巻2章でディメンターのことに言及した際、「とんでもない若造」(原文:That awful boy)が昔リリーに対して説明しているのを聞いたからだと説明したが、7巻33章にて「若造」とはスネイプのことであったことが判明する
  2. 5巻2章でダンブルドアがペチュニアに吼えメールを送った際、ハリーを預けた時の置き手紙のことを「私の"最後"の(手紙)」と表現したのも、6巻でダンブルドアが「手紙をやり取りしていた」と発言したのも、この一件を前提にしている。
  3. 1巻4章では、freakは「奇人」と訳されている
  4. 原書7巻33章より抜粋引用</br>There was undisguised greed in his thin face as he watched the younger of the two girls swinging higher and higher than her sister. “Lily, don’t do it!” shrieked the elder of the two.</br>※ 二人のうち年上の少女(=姉のペチュニア)が、ブランコで遊んでいる年下の少女に「リリー」と呼びかけている
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はペチュニア・ダーズリーにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

ウィキアネットワーク

おまかせウィキ