FANDOM


べルヴィナ・バーク (旧姓ブラック) (1886年-1962年) は高貴なブラック家純血魔女

経歴

べルヴィナは1886年生まれ。フィニアス・ナイジェラス・ブラックホグワーツ魔法魔術学校校長)とアーシュラ・フリントの一人娘である。兄弟はシリウス2世シグナス2世フィニアスアークタルス2世ハーバート・バークと結婚し二人の息子と一人の娘をもうけたが、息子のうちの一人はカラクタカス・バークではないかといわれている。

名前の由来

ブラック家には星や星座の名前をつける伝統があるが、べルヴィナという名前はこの伝統には従っていない。べルヴィナがラテン語由来の名前だとすると「素敵なワイン」「美しい人」という意味である。あるいはこの名前はベルタン祭にちなんでつけられたものかも知れない。ベルタン祭とは古代ケルト人の祝祭で、ワルプルギスの夜(魔女の夜という意味)とも関連がある[2]

登場作品

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。