FANDOM


純血よ永遠なれ ブラック家の家訓
高貴なる由緒正しきブラック家イギリスの家族の中で最も大きく、そして最も古い純血の家系のひとつであり、純血の家系をリストアップした聖28一族の一つに選ばれている。イギリスに関係している純血家族は、ほとんどブラック家と親戚関係にあたる。マルフォイ家や、レストレンジ家の様に、ブラック家もまた同様に高い地位と莫大な富を持っている。この莫大な富や高い地位から、ブラック家のメンバーの多くに見られる傲慢さが見られる行動は、このことが原因になっているのかも知れない。ブラック家の複雑な家系図は、ロンドングリモールド・プレイス12番地にある華麗な壁画としてタペストリーで展示されている。そのタペストリーは中世から始まっており、今日までのブラック家がたどってきた道を示している。

20世紀後半までにはブラック家の男子の氏は絶えてしまった。最後の男子の氏であったシリウス・ブラックレギュラス・ブラックは、どちらも若くして死んで仕舞い、どちらも結婚をしていなかったために子供もいなかった。女性の氏は、マルフォイ家テディ・ルーピンウィーズリー家ベラトリックス・レストレンジの隠し子であるデルフィーニ・リドルなどを通して続いている。

家族の歴史

・・・両親は狂信的な純血主義者で、ブラック家が事実上王族だと信じていた・・・ ハリー・ポッターに家族の価値観を話すシリウス・ブラック
ブラック家の起源は、中世まで振り返る。ブラック家の人々は今日まで純血を守り通してきたと主張はしているが、シリウス・ブラックハリー・ポッターに対して言ったように、本当に純血である家族はこの時代はもう存在していない。ブラック家などの純血を主張しているものは、単に家族からマグルスクイブを抹消しているだけだ。ブラック家の人々は、血統を非常に大切にしているため、マグルスクイブマグル生まれ血を裏切る者のことを軽視している。家訓は、「Toujours Pur」で、フランス語で「純血よ永遠なれ」という意味である。大半のブラック家はこのモットーを真剣に受け止めている。

CouncilOfMagicalLawPottermore1

魔法法律評議会の前で審理されるベラトリックス・レストレンジとブラック家の人々

この家訓の為に、多くのブラック家は第一次魔法戦争第二次魔法戦争のときにヴォルデモート卿を支援した。また、少しの人は死喰い人にもなった。しかし、こうした中、シリウス・ブラックなどの一握りの人はこのブラック家の伝統的な考えに同意しない人もいた。シリウス・ブラックニンファドーラ・トンクスなどは不死鳥の騎士団に加わり、ヴォルデモート卿などに敵対した。アラミンタ・メルフリアが虐殺的な裁判を合法化しようと魔法省に持ち込んだこともあるなど、マグルの浄化をしようとしていた者たちはいたが、そのような人たちでさえも、ヴォルデモート卿の本当の目的が分かったときには、おじけづいた。

Bellatrix Sirius duel

ベラトリックスの呪いによりベールへ、そして死へと沈んでいくシリウス

シリウスの死によって、ブラック家は男子の氏が絶えた。しかし、シリウスの従兄弟であるベラトリックス・レストレンジ(旧姓ブラック)の娘、デルフィーニ・リドルアンドロメダ・トンクス(旧姓ブラック)、ナルシッサ・マルフォイ(旧姓ブラック)、アーサー・ウィーズリーロングボトム家などでまだ続いている。ハリー・ポッターは、シリウス・ブラックマルフォイ家と親戚関係であることを知ったとき、ショックを受けたものの、シリウス・ブラックがすべての純血を主張している家系は何らかのところでつながって親戚関係になっていると説明した。事実、シリウス・ブラックも、モリー・ウィーズリー(旧姓プルウェット)と遠縁の又従兄弟ぐらいの関係になっている。

家族のメンバー

タペストリーから消された人たち

結婚によって親戚になった人たち

遠い親戚の人たち

タペストリーの人物抹消

グリモールド・プレイスに描かれている家系図は、たまに手を加えられることがあった。シリウス・ブラックによると、母のヴァルブルガ・ブラックは、血を裏切る者であったシリウス・ブラックの名前を何の躊躇もなくタペストリーから吹き飛ばした。「Toujours Pur」(純血よ永遠なれ)はブラック家のモットーであり、それは伝統的に受け継がれてきた。純血の概念に同意しなかったり、マグルと結婚をするなどをした場合、スクイブと同様にタペストリーから抹消される。したがって、タペストリーに残っている人物というのは、純血との結婚のできた人しかいない。純血との結婚をするために、親戚同士での結婚をした者もいた。その例が、ヴァルブルガ・ブラックオライオン・ブラックである。この二人は、再従兄弟である。このような近親交配というのは、受胎力の低下と精神状態が不安定になるなどの問題を引き起こした。

家系図

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高貴なる由緒正しきブラック家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リコラス・ブラック
(1808-1872)
 
マゼンタ・トライプ
(19世紀ごろ)
 
フィービー・ブラック
(1810-1882)
 
アレクシア・ブラック
(1810年代)
 
ヘスパー・ブラック
(1810年代-1820年代)
 
エデュエイダス・ブラック
(1820年代-1899)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジンボ・ブリシュウィック
 
ミサピノア・ブラック
(1826-1926)
 
シグナス・ブラック
(1829-1851)
 
エラ・マックス
 
アークタルス・ブラック
(1835-1893)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シリウス・ブラック
(1845-1853)
 
フィニアス・ナイジェラス
(1847-1925)
 
アーシュラ・フリント
 
エラドーラ・ブラック
(1850-1931)
 
イオーラ・ブラック
 
ボブ・ヒッチェンズ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シリウス・ブラック
(1877-1952)
 
ヘスパー・ガンプ
 
フィニアス・ブラック
 
シグナス・ブラック
(1889-1943)
 
バイオレッタ・ブルストロード
 
ベルヴィナ・ブラック
(1886-1962)
 
ハーバート・バーク
 
アークタルス・ブラック
(1884-1959)
 
リサンドラ・ヤックスリー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アークタルス・ブラック
(1901-1991)
 
メラニア・マクミラン
 
ライコリス・ブラック
(1904-1965)
 
レギュラス・ブラック
(1906-1959)
 
ポラクス・ブラック
(1912-1990)
 
イルマ・クラッブ
 
カシオペア・ブラック
(1915-1992)
 
マリウス・ブラック
 
ドリア・ブラック
(1920-1977)
 
チャールズ・ポッター
 

2人の息子
1人の娘
 
カリドーラ・ブラック
 
ハーファング・ロングボトム
 
セドレーラ・ブラック
 
セプティマス・ウィーズリー
 
ケイリス・ブラック
(1919-1973)
 
キャスパー・クラウチ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルクシリア・ブラック
(1915-1982)
 
イグネイシャス・プルウェット
 
オライオン・ブラック
(1929-1979)
 
ヴァルブルガ・ブラック
(1925-1985)
 
アルファード・ブラック
 
シグナス・ブラック
(1938-1992)
 
ドゥルーエラ・ロジエール
 
 
 
 
 
 
1人の息子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1人の息子
1人の娘
 
アーサー・ウィーズリー
(1950-)
 
モリー・プルウェット
(1949-)
 
2人の息子
 

1人の息子
1人の娘
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シリウス・ブラック
(1959-1996)
 
レギュラス・ブラック
(1961-1979)
 
トム・リドル
(1926-1998)
 
ベラトリックス・ブラック
(1951-1998)
 
ロドルファス・レストレンジ
 
アンドロメダ・ブラック
 
テッド・トンクス
 
ナルシッサ・ブラック
 
ルシウス・マルフォイ
 
 
 
 
 
 
 
 
7人の子供
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
デルフィーニ・リドル
(1998-)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ニンファドーラ・トンクス
(1973-1998)
 
リーマス・ルーピン
(1960-1998)
 
ドラコ・マルフォイ
(1980-)
 
アストリア・グリーングラス
(1982-2019)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テッド・ルーピン
(1998-)
 
 
 
 
 
スコーピウス・マルフォイ
(2006-)
 
 
 
 
 


外見

ブラック家の人々は、一般的に素晴らしい良さを持つといわれている。彼らは背が高くて肌が薄く、魅力的な特徴を持つ美しい人と見做されている。ブラック家の伝統的な外見としては、ブロンドの髪と青い目を持つナルシッサ・マルフォイ、明るい茶色の目と茶色の髪を盛るアンドロメダ・トンクスシリウス・ブラックなどの例外は存在するものの、基本的にはグレーの目。彼ら自身は自分たちの家系のことを実質的な王室であるという考えを持っているため、彼らの人格に反映されたある種の貴族的な優雅さがある。アズカバンの中で何年も暮らし、脱獄を果たしたベラトリックス・レストレンジシリウス・ブラックは、両者ともにアズカバンの中でそれらをほとんど失ってしまったものの、これらの素晴らしい良さというものの痕跡を残しているといわれている。

名前の由来

ブラックというのは、色としてとらえられる。そして、黒という色は光をすべて吸収することができる。西洋文化の中では、黒という色は典型的な悪であったり、暗闇や魔術と関連していた。しかし、裕福さや、ブラック家としての威厳であったり、洗練もある。またブラック家は、他の文化による人生と繁栄にも関連している。古代中国では、黒という意図は水の要素を示す象徴でもあり、これはブラック家がホグワーツスリザリンに属すという事にも対応している。英語の紋章において、黒は暗闇と無知をあらわしている。これは、ブラック家におけるマグルへの偏見を示している。ブラック家のタペストリーの幹部分にはフィニアス・ナイジェラス・ブラックが描かれており、その左側にさらに昔の人々が描かれている。ほとんどのブラック家の人々は星であったり、星座の名前から付けられている。例えば、星のシリウスは、こいぬ座にある。さらに、シリウス・ブラックが逃亡しているときにアルバス・ダンブルドアハリー・ポッターハーマイオニー・グレンジャーロン・ウィーズリーに呼ぶように言った名前はパッドフットであり、これはおおいぬ座である。

財産

ブラック家は、マルフォイ家ポッター家の様な多くの純血家族と同じ様に、非常に裕福であったと考えられる。この裕福さが、ブラック家のメンバーに傲慢さのある行動が多くみられるようになった原因かもしれない。

1993年のこと、シリウス・ブラックは、グリンゴッツ711番金庫にある資金を使い、ハリー・ポッターファイアボルトを買い与えた。シリウス・ブラック母親の死後、この金庫を受け継いでいるという可能性が考えられるため、711番金庫がブラック家の財産の入った金庫であるという可能性がある。ブラック家からシリウス・ブラックが抹消されたのち、叔父のアルファード・ブラックが与えてくれた金を使い、711番金庫を買収したとも考えられる。

シリウス・ブラック1996年に亡くなった後、シリウス・ブラックの名付け子にあたるハリー・ポッターは、ブラック家の家や屋敷しもべ妖精、金庫などを含むすべての財産を継承した。シリウス・ブラックの遺言によってこのように継承されることを考えると、非常にセキュリティとしても高いものだ。

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。