FANDOM


フィニアス・ナイジェラス・ブラック1847年1925年)は純血魔法使いシグナスエラ・ブラックの息子と思われ、兄弟にシリウス・ブラック1世と、エラドーラ・ブラックイオーラ・ヒッチェンズがいる。彼は最も人望のないホグワーツ校長として知られる。1925年に死亡し、それ以降は肖像画として現職の校長を手助けする立場に回った。

人生

Phineas Nigellus

ブラック家タペストリーに描かれているフィニアス・ナイジェラス・ブラック

フィニアス・ナイジェラス・ブラックは、1847年にブラック家シグナス・ブラック1世エラ・マックスのもとで生まれた。そして、兄弟が3人おり、シリウス・ブラック1世エラドーラ・ブラックイオーラ・ヒッチェンズ(旧姓ブラック)である。

フィニアス・ナイジェラスは、純血を重視するようにされた家庭で育てられ、生涯マグル生まれ、などの人々に恨みを抱いた。兄のシリウス・ブラック1世は1853年に亡くなり、まだ若かったフィニアス・ナイジェラスに影響を与えた。そして、1858年にホグワーツに入学し、ブラック家の伝統に従ってスリザリンに組み分けされた。

そして、1865年にはアーシュラ・フリントと結婚をし、30歳で息子をもうけた。その子には若くして亡くなった自分の兄の名前であるシリウスをつけた。その後もさらに子供をもうけ、シグナス・ブラック2世フィニアス・ブラックべルヴィナ・バーク(旧姓ブラック)、アークタルス・ブラック2世と名付けた。

ある時にフィニアス・ナイジェラスは校長としてホグワーツに戻った。彼の玄孫のシリウス・ブラック3世は、最も人望のない校長だと言っている。

1925年に78歳で死亡した時、彼には少なくとも孫が十三人、曾孫が二人いた。

フィニアス・ナイジェラスの肖像画はホグワーツ以外にもグリモールド・プレイス12番地にもあり、彼の肖像画のある部屋でハリー・ポッターは寝ていた。1995年、フィニアス・ナイジェラスはハリー・ポッターに伝言を伝えるために移動してきた。

Phineas Nigellus Black

ダンブルドアと話すフィニアス・ナイジェラス

ハリー・ポッターハーマイオニー・グレンジャーロン・ウィーズリーヴォルデモートを倒すために分霊箱を捜しているとき、グリモールド・プレイス12番地に一時期いた。その時に、フィニアス・ナイジェラスの肖像画があるため、校長になったセブルス・スネイプに居場所を伝えることになりかねないとハーマイオニー・グレンジャーの持っていた検知不可能拡大呪文をかけたビーズバックにフィニアス・ナイジェラスの肖像画は押し込まれた。その後、三人がホグワーツなどの情報を得るためにフィニアス・ナイジェラスが目隠しをした状態でに三日おきに会話することになった。三人にとってはあまり良い会話相手ではなかったものの、ホグワーツの状況を知る事ができた。さらに、ハーマイオニー・グレンジャーがビーズバックを開けた状態で今いる場所について話していたため、その日の夜にセブルス・スネイプが正体を知られずにグリフィンドールの剣を三人に渡すきっかけにもなっていた。

フィニアス・ナイジェラスはおそらく、1998年に起きたホグワーツの戦いを観戦していた。セブルス・スネイプの死んだ後、ハリー・ポッター校長室に行ったとき、そこには肖像画の中にも誰も居なかったことからわかる。ヴォルデモートの敗北した後、ハリー・ポッターハーマイオニー・グレンジャーロン・ウィーズリー校長室に行ったとき、非常に満足した様子のフィニアス・ナイジェラスはスリザリンがこの戦いに貢献したのだという話をすべての校長がいる中で持ち出していた。

身体的特徴

PhineasNigellusBlackPottermore

フィニアス・ナイジェラスのシルエット

フィニアス・ナイジェラスは、賢いように見える魔法使いで、黒い髪に黒い目、とがったひげ、細い眉毛の人物。

しかし、マグルが映画で見たフィニアス・ナイジェラスは違い、クレーの髪に大きなひげ、とがった赤い帽子の様なターバンなど。

人格

フィニアス・ナイジェラスは卑劣で皮肉な人物。他人の気持ちなどを考えない人で、若者に対する忍耐力はないに等しい。また、ブラック家のモットーも通り、純血を重視し、マグルを見下す思考で、マグル生まれ穢れた血などと言っている。

他人との関係

BlackTapestryHarrySirius

フィニアス・ナイジェラスの描かれているタペストリーの前で話すハリー・ポッターシリウス・ブラック3世

家族

フィニアス・ナイジェラスの兄のシリウス・ブラック1世は、幼い時に亡くなった。また、エラドーラ・ブラックは屋敷しもべ妖精に関する伝統を打ち立てた。イオーラ・ヒッチェンズ(旧姓ブラック)は、マグルボブ・ヒッチェンズと結婚した。子供は5人いて、シリウス・ブラック2世フィニアス・ブラックシグナス・ブラック2世べルヴィナ・バーク(旧姓ブラック)、アークタルス・ブラック2世。そのうちのフィニアス・ブラックマグルの権利を支持したために非難された。マルフォイ家レストレンジ家トンクス家ウィーズリー家など多くの家族はブラック家と親戚関係にある。また、さらにポッター家プルウェット家ロングボトム家などの縁戚関係も多い。

フィニアス・ナイジェラス・ブラックは、ほとんどの人とあまりうまく行かなかったし、1996年死亡の玄孫、シリウス・ブラック3世のことを最後の子孫としか見ていなかった。

登場作品

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki