Fandom

Harry Potter Wiki

ピーター・ペティグリュー

357このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
「無実だ。でも怖かった!」
―ピーター・ペティグリュー[出典]

ピーター・ペティグリュー勲一等マーリン勲章受章、1960年1998年3月)とは、ワームテールの異名で知られた、魔法使いでペティグリュー夫の息子だった。彼は1971年ホグワーツ魔法魔術学校に入学した。組み分け帽子は5分以上考えた末(ハットストール)に、グリフィンドール組分けした。ホグワーツ在学中、彼はジェームズ・ポッターシリウス・ブラックリーマス・ルーピンらと忍びを組んで、忍びの地図を作った。

第一次魔法戦争中、ペティグリューは不死鳥の騎士団に所属していたがヴォルデモート卿に組してスパイに転じた。彼は忠誠の術で身を隠したポッター家秘密の守り人となった上で彼らを裏切り、ジェームズと妻のリリー、一人息子のハリーをヴォルデモート卿に売った。ヴォルデモート失脚後、彼は12人のマグル殺しと裏切りの罪をシリウスになすりつけて自らの死を装った。

その後12年間、彼は動物もどきの能力で、ペットのネズミ、スキャバーズとしてウィーズリー家と暮らした。しかし1994年、シリウスとリーマスによって正体が暴かれた。行き場をなくしたペティグリューは逃亡し、アルバニアの森で生きながらえていたヴォルデモート卿と再会した。

ペティグリューはヴォルデモート卿の復活に一役買い、第二次魔法戦争中は彼のしもべとして働いた。1998年マルフォイの館の小戦闘中、命の借りを思い出した彼は慈悲を感じてハリー殺害をためらった。そしてヴォルデモート卿が彼に与えた銀の手によって自らの首を絞めて死亡した。

舞台裏

登場作品

脚注

  1. 母親が魔女のため純血か半純血ということになる。
  2. レゴ ハリー・ポッター 第1章-第4章

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki