Fandom

Harry Potter Wiki

ヒト

357このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

ヒトはラテン名でホモ・サピエンスと表される動物の種族。ヒトは雑食性哺乳類で、魔法使いと魔女スクイブマグルから成る。魔法界において、ヒトはヴィーラ巨人小鬼といった別の存在と交配し、半獣の子を産むことがあった。こうした変種はヒトの社会で差別を受けることがあった。

魔法省生物動物存在霊魂の3つに分類している。このうち存在(Being)は「ヒトたる存在」と日本語訳されることもあるが、ヒト(Human)とは厳密には異なるので注意。[1]

特徴

ヒトの体格や身長はさまざまで、地球上でもっとも多様な身体的特徴を持つ種族のひとつである。ヒトは地球上で最も知的な存在であると主張している。

身体的特徴

ヒトは身体的特徴によって見分けることが可能である。個人によって異なる外見的な特徴には以下のようなものがある:

  • 身長
  • 体重
  • 肌の色
  • 毛の色
  • 毛の長さ
  • 毛の質
  • 目や鼻、腕、手、脚等の大きさ

分類

魔法界において、ヒトは以下の3つのうちいずれかに分類される:

特別な権利

魔法省

Ministry of Magic Latin Logo.jpg

ヒトの政府機関魔法省のロゴマーク

Blue Glass Arrow.svg 詳細は魔法省を参照

魔法界の国々には魔法省と呼ばれる政府機関が存在し、ヒトの法律上の権利を担保していた、ヒトの魔法使いと魔女は他の存在に対する権限を持っていた。

杖の携帯

ヒトは他の魔法動物とは異なりを携帯することが許可されている。

他種族との論争

魔法省はヒト以外の種族が杖を携帯することを許可していない。杖を使う権利を巡って、ヒトと小鬼の間に多くの対立が生じた。ヒトだけが杖を所有する権利を認められている理由は不明だが、杖を作ることができる存在は知られている限りヒトだけである。これは真に頑丈な剣(例、ゴドリック・グリフィンドールの剣)を作れる存在が小鬼だけであるのと似ている。ヒト以外の種族が杖を使った場合にどのような危険性が生じるかは不明である。マグルは杖を使うことができず、杖を持っても魔力を発揮することは不可能である。マグルに故意に杖を与えると国際機密保持法の違反になると思われる。

変種

Hagrid olympe.jpg

半巨人のルビウス・ハグリッドオリンペ・マクシーム

魔法界において、ヒトには多くの変種(しばしば半獣と呼ばれた)が存在した。変種はヒト以外の種族の血を引いていたにも関わらず、杖を持ち、魔法を学習することを許されていた。以下は知られている変種:

登場作品

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki