Fandom

Harry Potter Wiki

パーセルタング

357このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
Nagini voldemort.jpg

蛇のナギニと話をするヴォルデモート卿

「ハンナ、彼はパーセルマウスだぜ。それは闇の魔法使いの印だって、みんなが知ってる。ヘビと話ができるまともな魔法使いなんて、聞いたことがあるかい?スリザリン自身のことを、みんなが『蛇舌』って呼んでたぐらいなんだ」
ハンナ・アボットに対してアーニー・マクラミン[出典]

パーセルタング(Parseltongue)とは、蛇語であり、蛇と話をできる者も指す。ルーンスプールのように蛇から派生した生物にも通じる。パーセルタングを話せるものはパーセルマウス(Parselmouth)と呼ばれる。非常に稀な能力であり通常遺伝する。知られているパーセルマウスのほとんどはハリー・ポッターを除いてサラザール・スリザリンの子孫である。

特徴

パーセルタングは蛇のそれと似たシューシューという音をたてる。そのため普通の者には理解できない(アルバス・ダンブルドアは例外である)。蛇と意思疎通できるだけでなく蛇の行動をある程度制御することができる。また、トム・リドルスリザリンの蛇に下した命令をハリー・ポッターが聞き取れたこと、ゴーント一族が会話にほとんどパーセルタングしか使わなかったことから、パーセルマウス同士でも話し合うことができる。パーセルタングは大抵、蛇か蛇の形をした彫刻のような物と顔を合わせたときのみ使用できる。しかしゴーント家のように熟練したものなら普段から蛇語を使うことができる。モーフィン・ゴーントボブ・オグデンに対して、トム・リドル/ヴォルデモートはバシリスクを解き放つときスリザリンの像に対してパーセルタングで話しかけた。

パーセルマウスの人物

他の使用者

登場作品

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki