FANDOM


ユーモアってやつが、ドビーのティーポット・カバーを被って目の前で裸で踊ったって、パーシーが気がつきゃしないよ ロン・ウィーズリー
パーシー・イグネイシャス・ウィーズリー1976年8月22日生まれ)とは、アーサー・ウィーズリーモリー・ウィーズリー(旧姓プルウェット)の3男で純血魔法使いだった。彼はビルチャーリーの弟でフレッドジョージロンジニーの兄だった。パーシーは1989年から1994年までホグワーツ魔法魔術学校に在籍し監督生首席を務めた。彼は規則に厳格でフレッドとジョージのいたずらを快く思っていなかった。野心家で、卒業後は魔法省国際魔法協力部バーティ・クラウチ・シニアの下で働きその後魔法省下級補佐官に昇進した。

パーシーの出世はヴォルデモート卿復活の後、家族との間に亀裂を生んだ。父親のアーサーは、パーシーのコーネリウス・ファッジ魔法大臣のオフィスへの昇進は、ウィーズリー家とアルバス・ダンブルドアを監視するためだと考えていた。パーシーはこれを否定し、魔法省の見解を指示してヴォルデモート卿の復活を信じようとしなかったため、家族と疎遠になっていった。魔法省の戦い以降は魔法省も復活を認めたが、パーシーのプライドが家族との和解を許さなかった。1997年死喰い人たちによる魔法省の陥落が起きると、パーシーも間違いを認め家族のもとに戻る決断をした。1998年アバーフォース・ダンブルドアからホグワーツの戦いの知らせを受けたパーシーは、ホグワーツ城に行き家族と再会を果たした。彼自身は戦いを生き延びたが、隣で戦っていた弟フレッドが死ぬと、悲しみに打ちひしがれ復讐に燃えた。

ヴォルデモート卿が倒れた後、パーシーは魔法省に戻って、新たな大臣キングズリー・シャックルボルトの下で魔法運輸部の部長に就任した。彼はオードリーという名の女性と結婚しふたりの娘をそれぞれモリールーシーと名付けた。

登場作品

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。