FANDOM


パクワジとは、北アメリカイルヴァーモーニー魔法魔術学校における4つの寮のうちのひとつである[1]マグルであるジェームズ・スチュワードが、妻イゾルト・セイアから聞いたパクワジのウィリアムの話に基づいて、独立した魔法動物パクワジにちなんで名づけた。

パクワジ寮はときとして魔法使いや魔女の心を象徴していると言われる。パクワジはまた、癒者を好むとされる。[2]

舞台裏

  • パクワジとは、、北アメリカ原住民、特にワンパノアグの多くの民話に登場する動物である[3][4]。この動物はたいてい2、3フィート(60センチ~90センチ)の身長でヒト型、しかし鼻、耳、指は長く、滑らかで時折輝くグレーの肌をしているとされる[3]。パクワジが持つとされつ魔法能力には瞬間移動、ヤマアラシまたはピューマへの部分的および全身の変身、着火などがある[3]

登場作品

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki