FANDOM


パクワジとは、北アメリカに生息する魔法動物である[1]。小柄で灰色、耳が大きいとされヨーロッパの小鬼と関連がある。パクワジは人間を助けることと騙すことの両方で知られている。

ウィリアムという名で知られるパクワジはイルヴァーモーニー魔法魔術学校の創立に大きな役割を果たしたことで有名である。パクワジたちは報酬をもらって学校専属の番人・管理人を務めた。[1]

身体的特徴

パクワジは灰色の肌と60~90センチほどの身長をしている。耳は長く屋敷しもべ妖精のそれに似ている。小鬼とは近縁種である。

知られているパクワジ

舞台裏

  • パクワジとは、、北アメリカ原住民、特にワンパノアグの多くの民話に登場する動物である[2][3]。この動物はたいてい2、3フィート(60センチ~90センチ)の身長でヒト型、しかし鼻、耳、指は長く、滑らかで時折輝くグレーの肌をしているとされる[2]。パクワジが持つとされつ魔法能力には瞬間移動、ヤマアラシまたはピューマへの部分的および全身の変身、着火などがある[2]

登場作品

関連項目

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。