FANDOM


「気をつけたほうがいいよ。百味って、ほんとになんでもありなんだよ―そりゃ、普通のもあるよ。チョコ味、ハッカ味、マーマレード味なんか。でも、ほうれんそう味とか、レバー味とか、臓物味なんてのがあるんだ。ジョージが言ってたけど、鼻くそ味に違いないってのに当たったことがあるって」
ハリー・ポッターに対しロン・ウィーズリー[出典]

バーティ・ボッツの百味ビーンズとは、魔法界において最も人気のあるお菓子のひとつである。想像できる限りの味の種類が存在する以外、マグルのゼリービーンズとほぼ同じである。色で予想することはできるが、実際に食べる以外に味を知る手掛かりはない。バーティ・ボッツの百味ビーンズの開発者はバーティ・ボッツであり、20世紀中ごろに失敗から生まれた。彼は食べ物からおいしいお菓子を作ろうとしていたが、間違えて汚れた靴下のような味になってしまった。彼は即座に「一口ごとに危ない味」が成功のカギを握っていると気づいた。

チョコレート、ハッカ、マーマレードといった普通の味からほうれんそう、レバー、臓物といった奇抜な味まで存在する。中には食べ物ではない草、肥料、ゲロ、耳くそ、紙、鼻くそなどもある。

歴史

1992年ホグワーツ魔法魔術学校医務室にいたハリー・ポッターは、見舞いに来たダンブルドア教授に百味ビーンズをひとつ与えた。彼は昔ゲロ味に当たって以来、できるだけ避けるようになったと告げた。そのため、ダンブルドアは用心してこげ茶色のタフィー味と思われるビーンズを口にしたが、それは耳くそ味だった。

ホグワーツ魔法魔術学校では人気のお菓子で、ホグワーツ特急の車内販売やハニーデュークスで扱われている。医務室にいる者への見舞い品としてもよく使われる。百味ビーンズは袋か、小さな線の入った箱に入っている。

クィディッチ・ワールドカップでは大きなスクリーンに、このお菓子がいかに人気で有名かを謳う広告が出された。

登場作品

関連項目

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki