Wikia

Harry Potter Wiki

ハリー・ポッターと炎のゴブレット (映画)

トーク0
233 件の記事が
このウィキにあります
ハリー・ポッターと炎のゴブレット
Harry Potter and the Goblet of Fire
監督 マイク・ニューウェル
脚本 スティーブ・クローブス
原作 J・K・ローリング
製作 デヴィッド・ハイマン
製作総指揮 デヴィッド・バロン
ターニャ・セガーチェン
出演者 ダニエル・ラドクリフ
ルパート・グリント
エマ・ワトソン
ロビー・コルトレーン
レイフ・ファインズ
マイケル・ガンボン
ブレンダン・グリーソン
ジェイソン・アイザックス
ゲイリー・オールドマン
ミランダ・リチャードソン
アラン・リックマン
マギー・スミス
ティモシー・スポール
フランシス・デ・ラ・トゥーア
ペジャ・ビヤラク
デイビッド・ブラッドリー
ワーウィック・デイヴィス
トム・フェルトン
ロバート・ハーディー
シャーリー・ヘンダーソン
ロジャー・ロイド・パック
マーク・ウィリアムズ
スタニスラフ・アイエネフスキー
ロバート・パティンソン
クレマンス・ポエジー
音楽 パトリック・ドイル
撮影 ロジャー・プラット
編集 ミック・オーズリー
製作会社 ヘイデイ・フィルムズ
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 2005年11月18日 Flag of the United States
2005年11月26日 Flag of Japan
上映時間 157分
製作国 Flag of the United States アメリカ合衆国
Flag of the United Kingdom イギリス
言語 英語
製作費 $150,000,000[1]
興行収入 $895,921,036[1]
前作 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
次作 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
allcinema
キネマ旬報
AllRovi
IMDb
  

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

解説 編集

暗い内容からアメリカではシリーズ初のPG-13(13歳未満には保護者の強い注意が必要)に格付けされた。

ちなみに、原作ではある「屋敷しもべ妖精解放戦線」の件が、映画ではまるごと削られている。そのためドビーやウインキーも映画では登場せず、鰓昆布を渡す役が、映画ではドビーからネビルになっている。

本作で初めて英国人監督が起用された(1,2作目はアメリカ人のクリス・コロンバス、3作目はメキシコ人のアルフォンソ・キュアロン)。

尚、ビデオカセットの発売(セル・レンタル)はこの4作目が最後となり、次作以降のハリー・ポッターシリーズはすべてディスクメディア(DVDUMDBlu-ray Disc)での発売となっている。

スタッフ 編集

キャスト 編集

役名 俳優 日本語吹替え
ハリー・ポッター
タイトル・ロール
ダニエル・ラドクリフ 小野賢章
ロン・ウィーズリー ルパート・グリント 常盤祐貴
ハーマイオニー・グレンジャー エマ・ワトソン 須藤祐実
アルバス・ダンブルドア校長 マイケル・ガンボン 永井一郎
ミネルバ・マクゴナガル先生 マギー・スミス 谷育子
ルビウス・ハグリッド ロビー・コルトレーン 斎藤志郎
セブルス・スネイプ先生 アラン・リックマン 土師孝也
フィリウス・フリットウィック先生 ウォーウィック・デイビス 田村錦人
マッド・アイ・ムーディ ブレンダン・グリーソン 小林修
アーガス・フィルチ デイビッド・ブラッドリー
セドリック・ディゴリー ロバート・パティンソン 日野聡
チョウ・チャン ケイティ・リューング 川庄美雪
ビクトール・クラム スタニスラフ・アイエネフスキー 坂詰貴之
フラー・デラクール クレマンス・ポエジー 小笠原亜里沙
ドラコ・マルフォイ トム・フェルトン 三枝享祐
ネビル・ロングボトム マシュー・ルイス 上野容
フレッド・ウィーズリー ジェームズ・フェルプス 尾崎光洋
ジョージ・ウィーズリー オリバー・フェルプス
ジニー・ウィーズリー ボニー・ライト 高野朱華
コーネリウス・ファッジ魔法大臣 ロバート・ハーディ 篠原大作
ルシウス・マルフォイ ジェイソン・アイザックス 諸角憲一
バーテミウス・クラウチ・シニア ロジャー・ロイド・パック 佐々木勝彦
バーテミウス・クラウチ・ジュニア デヴィッド・テナント 桐本琢也
イゴール・カルカロフ ペジャ・ビジェラック 清水明彦
オリンペ・マクシーム フランシス・ド・ラ・トゥール 久保田民絵
嘆きのマートル シャーリー・ヘンダーソン 坂本千夏
アーサー・ウィーズリー マーク・ウィリアムズ 梅津秀行
リータ・スキーター ミランダ・リチャードソン 勝生真沙子
エイモス・ディゴリー ジェフ・ラウル 長克巳
ビンセント・クラッブ ジェイミー・ウェイレット 忍足航己
グレゴリー・ゴイル ジョシュア・ハードマン
パンジー・パーキンソン ダニエル・クロックフォード
シェーマス・フィネガン デヴォン・マーレイ 渡辺悠
ディーン・トーマス アルフレッド・イーノック 山本隆平
パーバティ・パチル シェファーリ・チョウドリー 沢城みゆき
パドマ・パチル アフシャン・アザド 斎藤千和
アンジェリーナ・ジョンソン ティアナ・ベンジャミン 松浦チエ
ナイジェル ウィリアム・メリング 海鋒拓也
アーニー・マクミラン ルイス・ドイル
ハンナ・アボット Charlotte Skeoch
ガブリエル・デラクール アンジェリカ・マンディ
フランク・ブライス エリック・サイクス
ホグワーツ特急のワゴン販売員 マーガリー・メーソン
判事補 アラン・ワッツ
ジェームズ・ポッター エイドリアン・ローリンズ 後藤敦
リリー・ポッター ジェラルディン・ソマーヴィル 田中敦子        
ピーター・ペティグリュー ティモシー・スポール 茶風林
ヴォルデモート レイフ・ファインズ 江原正士

原作との相違点 編集

  • 暖炉を通してウィーズリー一家がバーノン家に来るエピソードが丸々カットされ、セドリックの登場するタイミングも原作と大幅に異なる。
  • クィディッチワールドカップ決勝戦の試合シーンがカットされた(映像化されたのは選手の入場シーンとファッジによる試合開始の合図まで)。
  • 「闇の印」が打ち上げられるシーンが描かれている。(原作では描写されていない)
  • 前述の通り「屋敷しもべ解放前線」のエピソードが省略され、ドビーとウィンキーら屋敷しもべ妖精が登場しない他、原作で主要人物だったバグマンが登場しない。また、前述通り鰓昆布を渡す役割はドビーからネビルに変更。
  • ハグリッドとオリンペ・マクシームの喧嘩はなく2人の関係は初めから熱愛関係となる。
  • 第二の課題のヒントを与えるのは嘆きのマートルではなくセドリックに変更。
  • 「憂いの篩」の中のシーンでクラウチ・ジュニアを除き、ベラトリックスを始めとしたレストレンジ達の出番がカットされている(実際にその場にいたかどうかも不明、ベラトリックスは次回作から登場する)。
  • 三大魔法学校対抗試合の第三の課題、巨大迷路でスフィンクスが登場しないなど試合内容が異なる。
  • セドリックの亡骸にエイモスが駆け寄り号泣するシーンが追加され、悲劇性が倍増した。

日本におけるキャッチコピー 編集

  • 闇の帝王、現る。
  • 闇の帝王遂に復活

ギャラリー 編集

脚注 編集

外部リンク 編集

ウィキアネットワーク

おまかせウィキ