FANDOM


ハシバミは落葉樹の一種で北半球内に自生する巨大な灌木である。この木は通常カバノキ科に分類されるが、中にはハシバミ科に分類する植物学者もいる。ハシバミの木はヘーゼルナッツと呼ばれる木の実をつける。

初期のはハシバミの枝を束ねて作られた。[2]

ハシバミの杖

ハシバミが使われるとは繊細となり、常に持ち主の気持ちを読み取る。自らの感情を理解し制御できる主人のもとで最も力を発揮する。所有者が悪感情を抱いたり、悲しみ続けたりすると杖がそれを吸収して突然放出する恐れがあるため取り扱いには注意が必要である。[3]

しかしハシバミ長所の他に細かな欠点がある。ハシバミは熟練した魔法使いの高度な魔術にも対応し、とても忠実に働くため所有者の人生の終わりには魔力を使い果たし“しおれ”てしまうのである(ユニコーンの毛を使っている場合杖は完全に「死んで」しまう)。[3]

ハシバミの杖には地下の水を感知する能力があり、泉や井戸を通り過ぎると銀色の涙形の煙のパフを放出する。[3]

ハシバミの杖の所有者

登場作品

脚注

  1. 出典:ハシバミ属 - Wikipedia
  2. 出典:『クィディッチ今昔』 第1章 「飛行箒の進化」17ページ
  3. 3.0 3.1 3.2 出典:ポッターモア

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。