Fandom

Harry Potter Wiki

ニンファドーラ・トンクス

361このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
トンクス: 「リーマス、わたしのことニンファドーラって呼んじゃだめ。トンクスよ」
リーマス・ルーピン: 「ニンファドーラ・トンクスだ。苗字のほうだけを覚えてほしいそうだ」
トンクス: 「母親が『かわいい水の精ニンファドーラ』なんてバカげた名前をつけたら、あなただってそう思うわよ」
— ファーストネームへの嫌悪について話すトンクスとリーマス・ルーピン[出典]

ニンファドーラ・ルーピン(旧姓トンクス)(1973年1998年5月2日)とは、トンクスまたは時としてドーラとして知られた半純血魔女であり、テッドアンドロメダ・トンクス(旧姓ブラック)のひとり娘である。彼女は七変化であり、1984年から1991年までホグワーツ魔法魔術学校に在籍した。ホグワーツではハッフルパフに組み分けされ、グリフィンドールチャーリー・ウィーズリーとは同級生だった。

ホグワーツ卒業後、彼女は魔法省に入りアラスター・ムーディの厳しい目のもと、闇祓いになる訓練を受け1994年に資格を取った。1995年、彼女は魔法省に内密で再結成された不死鳥の騎士団に加わり神秘部の防衛を助けた。1996年の6月、彼女は神秘部の戦いに参加しどこかでリーマス・ルーピンと恋に落ちた。リーマスは人狼であり貧しく歳をとりすぎている上に危険だとして彼女の気持ちを拒んだが彼も心の中では同じだった。ヴォルデモート卿復活が公になるとトンクスは闇祓いの仕事としてホグワーツを守るためホグズミード村の警備に派遣された。トンクスはその後天文台の塔の戦いで戦闘に加わり、フラー・デラクールが負傷したビル・ウィーズリーへの愛情を見せたことをきっかけにリーマスに皆の前で愛を打ち明けた。

トンクスとリーマスは1997年の夏に結婚した。トンクスはまもなく妊娠しリーマスは子どもが自分の人狼の症状を受け継いでしまうのではないかと心配したが結局遺伝しなかった(子どもは母親の七変化の能力を受け継いだ)。トンクスは1998年、イースターの直後に生まれた息子をエドワード・"テディ"・リーマス・ルーピンと名づけ(死んだ父親エドワード・トンクスにちなんで)ハリー・ポッターを後見人に指名した。同年の5月2日、トンクスはホグワーツの戦いに参加し、ヴォルデモート卿のもっとも忠実な使いにして死喰い人である伯母ベラトリックス・レストレンジの手にかかって死亡した。不死鳥の騎士団の仲間で友人のモリー・ウィーズリーが彼女の仇を取った。

登場作品

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki