FANDOM


ネビル、ヴォルデモートの蛇を知っているか?あいつは巨大な蛇を飼っていて......ナギニって呼んでる...... 自分が死んでもナギニが殺されるように仕向けるハリー・ポッター
ナギニ(1998年5月2日死亡)は、に変身をするマレディクタスである。インドネシア出身[2]とされており、1927年摩訶不思議サーカスクリーデンス・ベアボーンと会ったときにはパフォーマーをしており、自由に蛇に変身をすることが出来ていた。1994年までに蛇の姿に閉じ込められている状態でヴォルデモート卿に仕えていて、特別な絆をもっており、バーサ・ジョーキンズを殺したことを機に分霊箱になった。

ヴォルデモートが初めて倒れた時、彼はナギニの毒を強さの取り戻すための水薬の材料のひとつとして使い、やがて復活した。1995年12月、ナギニはアーサー・ウィーズリーを攻撃したが殺すことはできなかった。第二次魔法戦争においては、ヴォルデモートを倒すためには彼女を殺す必要があった。ナギニは1998年ネビル・ロングボトムによってグリフィンドールの剣で切られ、ヴォルデモート卿の最後の分霊箱が破壊された。

経歴

生い立ち

サーカス生活

もともと、ナギニは女性の人間でありマレディクタスであったため、ヘビに変身する能力を持っていた。1927年までにインドネシアのジャングルで捕獲され、スケンダーの所有する摩訶不思議サーカスで注目を浴びていた。そして、摩訶不思議サーカスに所属することになったクリーデンス・ベアボーンと近しい関係となった。

クリーデンスとの逃亡

1927年にナギニは、本当の家族を見つけたいと思っていたオブスキュリアルクリーデンスと共に摩訶不思議サーカスから逃走するためにナギニの出演中にスケンダーの事を攻撃した[3]

登場作品

脚注

  1. 1.0 1.1 ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
  2. 2.0 2.1 テンプレート:AM (この画像を参照) "venu des profondeurs de la jungle Indonesienne" translates to "comes from the depths of the Indonesian jungle"
  3. ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 映画オリジナル脚本版』シーン43