FANDOM


912poaslytherinmed.jpg 情報が少ないぞ、ポッター!
このページにはより多くの情報と出典が必要です。
詳しくは書きかけのページについて編集プロジェクト

ドラコ・ルシウス[1]・マルフォイ1980年6月5日生まれ)とは、ルシウスナルシッサ・マルフォイ(旧姓ブラック)のひとり息子で純血魔法使いである。死喰い人の父親のもと、ドラコは血統の重要性を強く信じて育った。彼は1991年から1998年までホグワーツ魔法魔術学校に在籍しスリザリン組分けされた。ホグワーツ在籍中、彼はビンセント・クラッブグレゴリー・ゴイルパンジー・パーキンソンや他のスリザリン生らと親交を深めたが、ハリー・ポッターとは非常に早い段階でライバル関係になった。

年度の終わりに神秘部の戦いによって父親がアズカバンに収監された5年目には、監督生に就任し尋問官親衛隊にも加わった。ヴォルデモート卿はドラコに仕事を与え父親の失敗の埋め合わせをさせようとし、16歳で死喰い人に加わるがすぐにその状況に幻滅を感じた。ドラコは与えられた任務、アルバス・ダンブルドア暗殺を果たすことができずセブルス・スネイプが代わりに実行した。そして他の仕事も恐怖と嫌気に襲われながらこなした。ドラコとその家族第二次魔法戦争終結の数時間前、ヴォルデモートの敗北によるアズカバン収監を避けるため、陣営を寝返った。

2017年までにドラコはアストリア・グリーングラスと結婚し少なくともひとりの息子スコーピウス・ヒュペリオン・マルフォイをもうけた。

登場作品

脚注

  1. この画像を参照
  2. ルシウス・マルフォイからアルバス・ダンブルドアへの手紙において「息子」として言及

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki