FANDOM


トム・リドル・シニア1905年1943年)とは、リトル・ハングルトンの村に住んでいた裕福なマグルである。彼は富豪のトーマスメアリー・リドルの息子だった。

トムは愛の妙薬の作用によってメローピー・ゴーントと結婚した。彼はヴォルデモート卿として知られる闇の魔法使いトム・マールヴォロ・リドルの父親である。トム・リドル・シニアは非常にハンサムでありメローピーを惹きつけたのもこの点だった。トム・マールヴォロ・リドルは16歳の時、妊娠中だった母親を捨てた恨みからトム・リドル・シニアとその両親を殺害した。トム・マールヴォロ・リドルはこの殺人を使ってマールヴォロ・ゴーントの指輪分霊箱にした。1995年、トム・シニアの骨はトム・マールヴォロ・リドルの復活の材料となった。

登場作品