FANDOM


プリベット通り四番地の住人ダーズリー夫妻は、「おかげさまで、私どもはどこからみてもまともな人間です」と言うのが自慢だった。不思議とか神秘とかそんな非常識はまるっきり認めない人種で、まか不思議な出来事が彼らの周辺で起こるなんて、とうてい考えられなかった ダーズリー家の説明
ダーズリー家とは、マグルの一家で、生存する中でハリー・ポッターに最も近い血縁者として知られる。ペチュニア・ダーズリー(旧姓エバンズ)がハリーの母リリー・ポッター(旧姓エバンズ)の姉に当たるが、バーノン・ダーズリーと結婚してダーズリー姓を名乗るようになる。ふたりにはダドリーという息子がいる。

背景

ハリーの伯母と伯父は仕事で出会った。ペチュニア・エバンズは両親が魔女である妹リリーの方を可愛がったことで心を深く傷つけられ、コークワースを離れるとロンドンでタイピングを学んだ。それからデスクワークを始め、魔法とは無縁の、頑固で物質主義のバーノン・ダーズリーと知り合う。巨大で首の埋もれた下級経営幹部は若きペチュニアにとって非常に男らしく見えた。バーノンはペチュニアを愛しただけでなく、完璧にまともな男だった。彼は良い車に乗り、ごく普通のことをし、ペチュニアをデートに連れていくと自分のことや、世界についてわかりきった予想を述べた。あるデートの時、チップショップの前に停めた車の中で、ペチュニアは涙ながらに奇妙な妹のことを打ち明ける。ペチュニアの予想通りバーノンはショックを受けたが、妹が「奇人」なのは彼女のせいではないと慰めた。彼はついにペチュニアの母親のリビング(ごく平凡な部屋)で感情的に結婚を申し込んだ。

登場作品

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。