FANDOM


ダンブルドアとは、魔法族の名字であり、アルバス・ダンブルドアをはじめとするメンバーにより一定の知名度を誇る。この一家は魔法界マグルの両方の血を引いている[1]

歴史

ダンブルドア家はもともとモールド-オン-ザ-ウォルドで暮らしていたが、マグルを襲撃した罪でパーシバル・ダンブルドアアズカバンに収監されるとゴドリックの谷に移り住んだ。パーシバルは娘アリアナがマグルに攻撃されたために報復したのであったがそれを当局には明かさなかった。アリアナがほとんど表に姿を見せないことから一家は噂の種となり、彼女の葬儀では兄たちがお互いを罵り合い殴り合った。

しかし間もなく、アルバス・ダンブルドアドラゴンの血液の12種の使用法発見、闇の魔法使いゲラート・グリンデルバルド打破などの功績で有名となりやがてホグワーツ魔法魔術学校校長の座に収まった。また、不死鳥の騎士団も率いた。

名前の由来

ダンブルドア(Dumbledore)とは「マルハナバチ」(bumblebee)を指す古い英語である。J・K・ローリングホグワーツ城をハミングしながら飛び回るアルバス・ダンブルドアをイメージしたと述べた。

脚注

  1. ケンドラ・ダンブルドアマグル生まれの魔女であり3人の子供たちは半純血である。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki