FANDOM


セーレム魔女裁判とは、1692年から1693年ノーマジ(マグル)支配のマサチューセッツ州で起きた、一連の迫害と魔女と判断された人々の処刑を指す言葉である。[1][2]

裁判

セーレム魔女裁判は1692年から1693年にかけて[1][2]マサチューセッツ植民地のセーレム開拓地で起きた。結果として20数名の人々が、ほとんが女性であったが[1]、魔女であるとして処刑された。この中の数名は実際に魔女であったが、彼女たちが犯したとされる罪に対してはまったく無関係であった[2]。他の者たちは単に一時的な大規模ヒステリックに巻き込まれた不運な犠牲者であった。[2]

裁判は北アメリカにおける清教徒の魔女狩りの最高潮であった[2]。裁判で判事を務めた者はほとんどが清教徒であったが、魔法史によれば、うち少なくともふたりは他の魔法族に対して個人的な復讐を企むスカウラーであったという[2]

その後

セーレム魔女裁判は大いなる悲劇として魔法界の歴史に刻まれている[2][3]。彼らは新世界に移住した多くの魔女や魔法使いたちに故郷へ戻るよう呼びかけ、特に純血の家族たちはその後の数世紀にわたってそれ以上の移民に反対した[2]

ニューヨークウールワース・ビルディングにあるマクーザ本部のロビーには、セーレム魔女裁判の犠牲者の記念碑として4体の不死鳥の黄金像が建てられている[3]

1920年代、魔法使いと魔女の迫害・根絶を企むノーマジの過激派組織新セーレム救世軍は自身らを「セカンド・セーラマーズ」と呼んだ[4]

舞台裏

  • セーレム魔女裁判は1692年から1693年にかけて実際に起きた魔女狩りの事件である[1]
  • ポッターモアにあるイメージ画像ではふたりの魔女が火刑に処されているがこれはよくある勘違いである。実際の魔女裁判では魔女であるとの判決を受けた20名のうち19名が絞首刑で死亡した[1]

登場作品

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki