FANDOM


912poaslytherinmed 情報が少ないぞ、ポッター!
このページにはより多くの情報と出典が必要です。
詳しくは書きかけのページについて編集プロジェクト

セドリックはハッフルパフ寮の特性を多く備えた、模範的な生徒じゃった。忠実によき友であり、勤勉であり、フェアプレーを尊んだ アルバス・ダンブルドア
セドリック・ディゴリー1997年9月/10月1995年6月24日)とは、エイモス・ディゴリーとそのの息子で魔法使いである。彼は1989年ホグワーツ魔法魔術学校に入学しハッフルパフ組分けされた。在学中、彼は監督生ハッフルパフのクィディッチ・チームシーカーを務めた。6年生の時、ディゴリーは三大魔法学校対抗試合出場を狙って炎のゴブレットに名前を入れた。

ディゴリーはホグワーツの代表選手となり、同じホグワーツ代表のハリー・ポッターと競い合った。第一、第二の課題では引き分けとなり、第三の課題では同時にゴールした。しかし移動キーにすり替えられていた優勝杯をつかんだふたりはリトル・ハングルトン墓地に送られてしまった。墓地に着いて間もなく、ヴォルデモート卿の命令でピーター・ペティグリューが放った死の呪いにより、ディゴリーは息絶えた。

その後、ポッターとヴォルデモート卿の決闘において直前呪文の効果によりディゴリーの幻影が姿を現した。ディゴリーの幻影はジェームズリリー・ポッターバーサ・ジョーキンズフランク・ブライスらのそれと共にヴォルデモート卿を足止めしハリーが脱出する時間を稼いだ。ディゴリーの望みによりハリーは彼の死体を学校まで連れ帰った。

登場作品

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。