FANDOM


セオドール・ノットとは、純血魔法使いであり、ハリー・ポッターと同じ年にホグワーツ魔法魔術学校に入ってスリザリンに所属した。彼の家系は死喰い人闇の魔法使いたちが多い。

経歴

生い立ち

セオドール・ノットは魔法使いノット氏その妻の間に生まれた。母親が死んでからは死喰い人である父親の手で育てられた。

ホグワーツ在学時

セオドール・ノットは1991年9月1日ホグワーツ魔法魔術学校に入り、スリザリン組分けされた。

5年目

5年生の時、魔法生物飼育学の授業において、を目撃した者にしか見えないセストラルを見ることができた。クラスで他に見られたのはハリー・ポッターネビル・ロングボトムのみだった。彼はセストラルが餌を食べるのを不愉快そうに見守った。

1996年、ハリー・ポッターはハーマイオニー・グレンジャーに聞いて初めてノットの名前を知った。セオドールはドラコ・マルフォイビンセント・クラッブグレゴリー・ゴイルらと図書館に集まり、ポッターが「ザ・クィブラー」に彼らの父親が死喰い人だと明かしたことを恨んでいた。

6年目

そのときスラグホーンにノットの父親のことを聞かれた。どうやら旧知の仲だったらしい。しかし、彼は魔法省で逮捕されたと言ってやったら、スラグホーンはあまりいい顔をしなかった ブレーズ・ザビニ
1996年ホグワーツ特急において、ブレーズ・ザビニホラス・スラグホーンに、ノットの父親について質問された。ザビニは、ノット氏は6月に魔法省に侵入してアズカバンに監禁されている死喰い人だと答えた。スラグホーンは死喰い人と関わり合いになることを嫌い、セオドールではなくブレーズ・ザビニをスラグ・クラブに招き入れた。

セオドールは魔法薬学N.E.W.T.(いもり)レベルまで進んだ4人のスリザリン生のうちのひとりだった。スラグホーンの最初の授業で、ハーマイオニー・グレンジャーがマグル生まれだと言ったとき、セオドールは隣にいたマルフォイに何か耳打ちされ彼女を嘲った。

7年目

セオドールは7年目もホグワーツで過ごした。純血スリザリン生で死喰い人の子供だったため他の生徒のような仕打ちを受けることはなかった。

ホグワーツの戦いの直前、スリザリンを含む生徒たちは学校から退避した。ヴォルデモート卿との戦いに参加した生徒もいたがセオドールがどうしたかは不明である。

身体描写

セオドールは「ひょろりと」して「筋ばった」少年と描写されている。

個性と特徴

セオドールはドラコ・マルフォイ率いるグループと共に行動することはあまりなかった。しかしハーマイオニー・グレンジャーマグル生まれだと聞いた時にはマルフォイと一緒に軽蔑を示した。

魔法能力と技術

登場人物

脚注

  1. ハリー・ポッターと謎のプリンスから - 彼が1997年4月21日の魔法薬学の授業に出席しなかったこと、そして姿あらわしのテストを受けられる年齢だったことから
  2. J・K・ローリングの公式サイトエクストラ・スタッフの"マルフォイ&ノット"から

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。