FANDOM


スカウラー、魔法族の傭兵集団。残忍で恐ろしい集団であり、犯罪者を捕らえるだけではなく、金になりそうだと思った相手は誰でも狩っていた。彼らは流血虐殺と拷問を好み、仲間であるはずの魔法族の売買さえもしていた。 17世紀の終わりには、アメリカ中に大勢のスカウラーが存在しており、騙されやすいノーマジたちから報奨金を巻き上げるため、罪のないノーマジを魔法使いや魔女に仕立て上げていた。

セーレム魔女裁判(1692年-1693年)で清教徒を名乗る判事のうち少なくとも 2 名は、報復を企んでいたスカウラーであった。

MACUSAによる裁判では、何名かは裁きを逃れてノーマジの社会に姿をくらました。彼らの一部がノーマジと結婚してもうけた家庭では、スカウラーの存在に気づかれないよう魔力を持った子どもは間引かれ、ノーマジの子どもだけが育てられた。彼らの目的は魔法界から追放されたことへの復讐だったため、自分の子に魔法が実在することを教え、魔法使いや魔女は見つけ次第殺さなければならない存在であると信じ込ませたのであった。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki