FANDOM


わたし、あなたのことを完全にあきらめたことはなかった。完全にはね。想い続けていたわ ハリー・ポッターに対してジニー・ウィーズリー
ジネブラ・モリー・"ジニー"・ポッター(旧姓ウィーズリー)(1981年8月11日)とは純血魔女アーサーモリー・ウィーズリー(旧姓プルウェット)の7人の子供たちの末っ子であり、ここ数世代のウィーズリーの家系で初めての女性である。1992年から1999年にかけてホグワーツ魔法魔術学校グリフィンドールに通った。1年生の時、16歳のトム・リドルの記憶に支配され操られた。その記憶は日記の保存されてありジニーを操って秘密の部屋を開け、彼女を含む多くの生徒の命を危険にさらした。

この試練の後、ジニーは勇敢な女性に成長し、4年目にはハリー・ポッターが教え率いたダンブルドア軍団の重要メンバーになった。そして神秘部の戦い1996年)と天文台の塔の戦い1997年)、ホグワーツの戦い1998年)に参戦した。また、彼女は才能豊かなクィディッチ選手でもあり、グリフィンドールのクィディッチ・チームではそれぞれ別の時期にチェイサーシーカーを担当した。

第二次魔法戦争終結後、プロのクィディッチ選手になった彼女はホリヘッド・ハーピーズに入団した。ハーピーズ引退後は「日刊予言者新聞」のクィディッチ担当記者になった。彼女は2000年代前半のある時点でハリー・ポッターと結婚し3人の子供たち、ジェームズ・シリウスアルバス・セブルスリリー・ルーナ・ポッターに恵まれた。

登場作品

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。